マルチモニター対応ワークステーション 12-13(12-13)

概要

  1. 一般オフィス用マルチモニター対応ワークステーション
  1. 12
  2. 13

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
Efficiencyマルチ画面で効率性アップ!Comfortモニターアーム活用で快適性アップ!ウィンドウが重ならず、画面切り替えの時間を短縮。マルチ画面なら多様なコミュニケーションもスムーズ。モニターの可動範囲が広がり、画面は見やすく、疲労を軽減。◎横に並んでのミーティングでは、それぞれに近いモニターに同じ資料を表示したり、画面ごとに異なる資料の同時閲覧も可能です。◎Web会議でさまざまな資料やデータなどを別画面に大きく表示すれば、会議がより円滑に進みます。◎首などが疲れにくいベストポジションにモニターを設置することができます。◎照明などの映りこみがない、視認性に優れたモニター位置調整が可能です。机上面が広く使え、配線もすっきりできます。◎モニターアームにすることで机上の占有面積が減り、作業スペースが広がります。◎モニターアームにワイヤリングをまとめることで、机上面の配線をすっきり収めることができます。マルチモニターワークとモニターアームで実現する最適なオフィス環境。◎マルチ画面なら2つ以上のウィンドウも同時に表示。ウィンドウの切り替えの手間を省けます。◎1つの画面を資料の表示やブラウザでの検索に活用。それを参照しながら、別の画面で入力作業ができます。◎画像処理ソフトなどを使用する際、パレット類を別のモニターに表示できるため、作業エリアを広く確保できます。12
右ページから抽出された内容
Safety機器の固定で安全性アップ!モニターやCPUの転倒防止対策として。◎モニターをアームでしっかりと固定することで転倒防止効果を高めます。◎天板下のCPUホルダー(オプション)にCPUを収めることで、転倒などによる故障を防ぐことができます。for Office Working13

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。