オカムラ ヘルスケア[医療・福祉施設]総合カタログ Vol.8 517-518(518-519)

概要

  1. [医療]建築附帯 セキュリティ
  2. サインシステム
  3. [福祉]建築附帯 セキュリティ
  4. サインシステム
  1. 517
  2. 518

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
あらゆる世代にやさしく機能とアートによる効果的な誘導。 医療施設を訪れるあらゆる世代の方が、目的の場にスムーズにたどり着くための指標と なるサインシステム。サインシステムには、医療施設の立地・建物内の配置・人の動線な ど、さまざまな要素を考慮することはもちろん、患者さんのストレスを緩和するために ヒーリングアートを配するなど、総合的なサイン計画が求められます。すべての人々にや さしい医療施設となるために。オカムラは、そんな環境づくりをサポートします。 製品の詳しい情報は、こちらのカタ ログをご参照ください。 図書館総合カタログ ●計画コンセプト 病院のサインに求められる機能や要素の構築を図りつつ優しく癒す“ヒーリングデザイン”を取り入れ、快適で心地良い病院の施設環境づくりを目指します。 サインを構成する4つのデザイン 来院者や職員の緊張をほぐしリラックスさせるエレメント 施設を利用する全ての方々に使い易く配慮さ れたユニバーサルデザイン。ユニバーサル 機能や情報の集約による全体数量の削減環 境に優しい素材の活用等によるエコロジカル デザイン。 エコロジー 表現の簡略化や記号化、色分け等による視覚 的に分かり易いストレスフリーデザイン。ストレスフリー 耐久性や日常使いに優れ、案内情報の更新に もフレキシブルに対応するメンテナンス性。メンテナンスフリー 患者さんのストレス・家族の不安・スタッフの疲 労など、不安やストレスは各空間で顕著となり ます。アートによってさまざまな要因からくる 不安やストレスを軽減し、各空間機能の充実 を図ります。 ヒーリングアート 1 企画 ミクロな視点とマクロな視点で企画・提 案いたします。 2 動線配置・計画 誰に、どこに、どのように整備するかを計 画します。 3 デザイン提案 創り出したいイメージを話し合います。 4 意匠計画 システムの一貫性と環境との関係を確認 します。 5 全体確認 利便性と情報のバランスを考えた表示を 検討します。 6 実施設計 事業主と設計者の充分な調整をした実 施図を作成します。 M e d i c a l c a r e Sign Elderly person Young person Child Healthy person Sick person Injured person Handicapped person Doctor Nurse Examination X rays Operation Counseling Drugstore Accounting Sickroom Stall Dining room 全ての人に優しいサインづくり 医療施設は、あらゆる状況の人々が集ま る施設です。一般的なサイン計画に加 え、触知サインや音声案内などの特殊な アイテムの整備と、色、文字の書体や大 きさ、表現方法などの検討が重要です。 特に総合病院などの大型の医療施設で は、診察時の移動が多く発生するため、 施設内における誘導案内の充実が、医療 施設の利用環境を判断する基準となるの は必至で、その整備計画には充分な検討 が必要です。 ●コンセプト 洗練されたプレゼンテーションと専門スタッフによる確かな施工実績。 専門スタッフが経験を生かし、お客様の計画のサポートをさせていただきます。 ●PLANNING STEP 517 サ イ ン シ ス テ ム サインシステム セキュリティ製品 防 水 板 シ ー ル ド 関 連 設 備 間 仕 切 ・ トイレブース 建  築  附  帯 セ キ ュ リ テ ィ ・
右ページから抽出された内容
ストレスフリー カラーやピクトグラ ムを積極的に取り入 れ、視覚的に分かり、 スムーズな案内を 実現します。 ●デザイン展開 アートに包まれた豊かな環境づくり 病院等の公共施設においてアートの存在は欠かせませ ん。またヒーリングアートが癒しを与え自己治癒力を 高めるとも言われています。オカムラはサインの整備 に伴いアートによる環境づくりにも貢献しています。 [ ピクトグラムの使用 ] さまざまな利用者が、ひと目で判別できるピクトグラム(絵文字)の使用は、利用者に とって重要なサインアイテムのひとつです。但し、認知度の低いものや複雑なものを 使用することは逆効果となる場合も考えられますので注意が必要です。 [ 点字サイン・触知板サイン等について ] 視力障害者の方のためには総合案内サインや各フロア案内サインに触知図を含めた点 字サインを設けます。点字案内サインへの誘導として誘導ブロックの設置、通路や階段 の手摺に点字を設置し、その連携が必要となります。さらに、チャイムや音声による誘 導装置として、盲導鈴や音声装置もあります。タイマーやセンサーがついたものや、専 用の発信材(カード等)に反応するものなど用途や状況により製品の選択が可能です。 ユニバーサルデザイン  ……利用者の視点と文字の大きさを考える [ 利用者の視点 ] 吊り下げサインの設置間隔と表示高さ 吊り下げサインを設置する間隔は一般的に見通しの良い直線部では30m∼40m以 内に次のサインが確認できるように設計し、サイン設置間隔の最短距離は6m以上離 すことが必要です。吊り下げサインの設置高さは、床からサイン下端までは衝突など に対する安全確保が出来る高さとして2.4m(低くても2.1m)を標準とします。 [ すべての人に見やすい色 ] 色覚障害をもった方にも障害のない方にも見やすい色環境を考慮すると、色相に変 化があっても判別が可能である色を使用することが望ましいという提案があります。 例えば、第三色覚障害者は「青みの強い緑」と「青」、「オレンジ」と「赤みの濃い紫」は 判別がつきにくいと考えられます。 30∼40m 6m以上 2.4∼3.5m 2.4m 色 相 ■■黒 ■■オレンジ ■■水色 ■■青みの強い緑 ■■黄色 ■■青 ■■赤 ■■赤みの濃い紫 - - 度 41度 202度 164度 56度 202度 27度 326度 C,M,Y,K(%) R,G,B(0-255) (0,0,0,100) (0,0,0) (0,50,100,0) (230,159,0) (80,0,0,0) (86,180,233) (97,0,75,0) (0,158,115) (10,5,90,0) (240,228,66) (100,50,0,0) (0,114,178) (0,80,100,0) (123,94,0) (10,70,0,0)(240,121,167) オリジナル 第一色覚障害 第二色覚障害 第三色覚障害 身障者用設備 Accessible facility 車椅子スロープ Accessible slope 情報コーナー Information 案内所 Question & answer 喫煙所 Smoking area Cashier 会計 [注](通貨記号 差し替え可) Toilets お手洗 Men 男子 Women 女子 ●すべての人のためのさまざまなサイン●Universal Design ●ヒーリングアート ユーディーサインシステム ■ 手摺点字 触知案内サイン 音声誘導装置 盲導鈴 エコロジー 表示機能を集約し 数を削減。環境に 優しい素材選定。 ストレスフリー 通行量の多い、分 岐・交差点では視覚 的に危険・注意喚起 を促し、安全で快適 な移動を誘発させ ます。 メンテナンス フリー 表面のみを簡単に 交換でき、メンテナ ンス性を高めます。 ユニバーサル デザイン 高齢者や車椅子の 方にも配慮した文 字の大きさ・設置位 置とし来院者に優 しいサイン計画を 実施します。 518 サインシステム セキュリティ製品 防 水 板 シ ー ル ド 関 連 設 備 間 仕 切 ・ トイレブース 建  築  附  帯 セ キ ュ リ テ ィ ・

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。