オカムラ エデュケーション[教育施設]総合カタログ Vol.8 393-394(394-395)

概要

  1. 高等教育施設
  2. 研究エリア
  3. 研究エリア
  1. 393
  2. 394

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
研究エリア成果を最大限にひきだすための研究空間研究室内で行われる機能を「個人学習」中心か、「共同学習」中心か、また、研究室の主な使用目的が「研究」中心か、「教育」中心かによって空間に求められる要素は異なり、変化します。限られた空間をより効率的・効果的に構成し、そこで研究する教員・研究生の成果を最大限にひきだす空間づくりが大切です。多用途専門性流動的固定的教員研究室実験室プロジェクト研究室共同研究室知的交流空間新しい知識を生み出す研究施設●研究空間とは394●教員研究室395●共同研究室396●プロジェクト研究室397●実験室398●納入事例399■研究室用什器 モデスト401 モデスト・コンパクト405 コンチェット407 LKピット413393
右ページから抽出された内容
研究エリア研究エリア社会のニーズにフレキシブルに対応できる研究室21世紀を担う人材の育成社会的要請を踏まえた教育研究の高度化社会経済の高度化・グローバル化への対応高度な専門知識を有する人材の育成大学・大学院の個性化オンリーワン思想の発現ICT技術に対応最新ICT技術ユビキタス対応留学生交流国際教育協力留学生交流の推進専門大学院制度への対応特色ある教育研究の推進学問の最高峰としての機関にふさわしい研究・学習空間社会経済の高度化やグローバル化など、社会の変化に対応した成果を生みだすことができる研究室の空間づくりを追求します。それぞれの研究室の目的に合わせた空間づくりと同時に、研究室を越えた知的交流が、これからの新しい時代を切り開く力になります。オカムラは、新しい知を生み出す研究空間を追求し、ご提案します。新しい知識を生み出す研究空間多用途専門性流動的固定的教員研究室プロジェクト研究室転載不可実験室知的交流スペース共同研究室究める場高等教育施設394

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。