オカムラ エデュケーション[教育施設]総合カタログ Vol.8 61-62(62-63)

概要

  1. 初等・中等教育施設
  2. 特別教室
  3. 理科教室
  1. 61
  2. 62

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
転載不可理科教室全般に求められるポイントさまざまな教材や薬品を使っても、清潔に保つことができる。衛生協力して答えを導き出す力を育む環境。可変性に富み、授業の流れに合わせて最適な環境をつくる。コミュニケーションフレキシブル子どもでも効率よく実験や観察の準備・片付けがスムーズにできる。整理整頓さまざまな備品を教員が安全に保管できる。管理予測・実験・観察・考察を通して学習していく理科教室では、それぞれの段階に適した環境を構成します。理科教室初等中等教育施設のばす場61
右ページから抽出された内容
理科教室A理科教室B先生が授業前に予備実験を行うコーナー。生徒たちに触れられたくない教材や薬品類は、準備室にカギを掛けて保管。教師用実験台は、多様な実験機材が収納でき、子どもたちの様子を見渡せるよう、黒板前の中央に配置。効率よく保管できるユニットタイプの収納で、備品の準備や片付けがスムーズに。管理施錠して教材をしっかり管理。壁面の教材収納は、収納ごとに施錠ができるものを設置。また、マスターキーを使用して、複数の収納をまとめて管理することもできます。スクールラインR・スクールラインWコミュニケーショングループ同士の会話に最適なレイアウトを。テーブル同士を組み合わせると、実験後の結果や考察をグループで話し合うのに適したシーンになります。シエンタ【実験時のレイアウト】【グループ学習時のレイアウト】フレキシブルテーブルを動かして実験を効率的に。テーブルは学習内容に応じて簡単に移動ができ、設備ユニット横に設置すれば実験に適したレイアウトになります。シエンタデジタル教材を活用するためのモニターを設置。片付けをスムーズにするため、流し台は多めに準備。整理整頓トレーを使って道具を管理。子どもでも探しやすいように、実験道具はトレーで分類・保管すると便利。底部がメッシュ状なので、洗浄後の器具もそのまま乾燥できます。コミュニケーションラウンド型実験台でコミュニケーションを円滑に。みんなで囲んで実験を観察できる天板形状がポイント。講義の時は全員が黒板に向かって座ることもできます。Wシリーズ実験台衛 生教室を使う学年に合わせて素材を選ぶ。薬品などを使う頻度の高い場合、ケミガード(耐薬品性化粧板)天板にすることで、実験台が劣化せず長く使うことができます。また、マークレスメラミン仕様は、汚れや指紋が目立ちません。管 理お手入れしやすい収納庫。収納には、消臭・抗菌性能を持つクリアテックボードを使用しています。薬品や汚れにも強いので、簡単なお手入れで収納庫内を清潔に保つことができます。スクールラインW整理整頓トレーを使って教材をまとめて収納。実験の準備や後片付けは大変。実験時間を長く確保するために、トレーを活用して班ごとに使う教材をまとめておくことが効果的です。マルチトレー特別教室初等中等教育施設のばす場62のばす場

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。