オカムラ エデュケーション[教育施設]総合カタログ Vol.8 129-130(130-131)

概要

  1. 初等・中等教育施設
  2. 特別教室
  3. 音楽教室
  4. 初等・中等教育施設
  5. 特別教室
  6. 英語教室
  1. 129
  2. 130

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
転載不可 転載不可 さまざまなかたちで英語に触れる機会を設けることで、 英語を使う楽しみを体験できる教室づくりが大切です。 本や雑誌、インターネットはもちろん、映画やニュースなどの 目と耳に訴える教材も効果的に活用できます。 英語教室 初 等 中 等 教 育 施 設 の ば す 場 129 ・
右ページから抽出された内容
フレキシブル 収納効率も 考慮した家具を。 授業の内容に合わせて、テーブル を動かしレイアウトを変更できる かどうかが最大のポイントとなりま す。時には広いスペースを確保で きるよう、家具が収納できるとさら に使いやすい空間になります。 アクテオ 異なる学年が同室を使 うことを考慮し、座卓タイ プのテーブルを採用。 音と映像教材を活用した 授業では、電子黒板やス クリーンを活用します。 ロールプレイでは、顔と 顔が向かい合うレイアウ トにします。 使用しない家具などを収 納するバックヤードスペ ースです。 英語の本を教室内に設 置し、授業中に活用しや すい環境を整えます。 整理整頓 教材を小分けできる 収納が便利。 使用する教材を種類ごと に小分けして収納できるシ ステムは、さまざまな教材 を用いる英語教室には欠 かせません。 スクールラインR 英 語 教 室 特別教室 初 等 中 等 教 育 施 設 の ば す 場 130 の ば す 場 ・

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。