エデュケーションvol.8_r2 305-306(306-307)

概要

  1. 高等教育施設
  2. ラーニングコモンズ
  3. ラーニングコモンズ
  1. 305
  2. 306

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
高 等 教 育 施 設 学 び の 場 ラーニング コ モ ン ズ CATCH UP COMMUNICATION L C 305 ラ ー ニ ン グ コ モ ン ズ 創造的な学びのために ラーニングコモンズ最大の特徴は、「仲間と協同作業ができる場」を提供することです。 しかし、ゼミや研究室、サークルに所属していない学生が、頼りになる仲間をつくることは簡単ではありません。 集まった個人が仲間になり共通の目的を達成させる協同作業の場と、 個人の思考を深め完成した成果物を発表できる仕組みづくりをご提案します。 ラーニングコモンズでは 5つのプロセスを実現するための 場が大切になります。 2 つながる 3 協業する 1 出会う ・
右ページから抽出された内容
高 等 教 育 施 設 学 び の 場 ラーニング コ モ ン ズ 306 学 び の 場 5 発表する 4 熟考する COLLABORATION PERSONALWORK PR ESEN TATION EARNING OMMONS キャンパス内に、見知らぬ個人が出会い仲 間を集めて協同する場を提供し、学内にお ける学術的交流の仕組みを持つことがで きれば、研究者間のコラボレーションを促 進する原動力になり、大学全体の大きな発 展につながっていきます。 −『ナレッジ・コモンズ』(前田明洋著・日経BP社刊)より− キャンパス空間の詳細な分析と 将来像については『ナレッジ・コモンズ』 ・

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。