ホール・スタジアム・議場総合カタログ 2018-2019 27-28(28-29)

概要

  1. 劇場・ホール
  2. 納入事例
  1. 27
  2. 28

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
劇場・ホール 聖路加国際大学が、臨床・教育・研究を一体的に行うことを目的に新築した複合施設です。地下1階、地上8階建てのビルの中にラウンジや会議スペースをはじめ、学部と大学院教育のための講義室、臨床現場を再現した特殊な設備、研究・開発を支援するシミュレーションセンターなどを有する他、地下1階には243名収容の「日野原ホール」が設けられています。 同ホールに並ぶイスは、国際会議等にも活用されることを想定しA3サイズの収納式テーブルを設置。最前列は肘掛け部分に取り付け、その他のイスは前席の背面からテーブル板を引き出して使用します。前席背板に設けたテーブル板の格納スペースは通常仕様よりも広く取り、手元を照らすライトと電源およびLANコンセントを備え付けました。また、その背板には内装にあわせた白木の合板を用い、講壇から斜めに伸びる通路が一直線に美しく見えるよう、袖部分の幅を列ごとに微調整しています。医療の発展を支える複合的な学術センター。大規模な国際会議にも対応する機能的なイス大村進・美枝子記念聖路加臨床学術センター所在地:東京都中央区築地3丁目6竣工年:2016年設計:久米設計施工:大成建設規模:地下1階・地上8階総座席数:243席(日野原ホール)主なオカムラ製作什器:ホールイス(日野原ホール)127
右ページから抽出された内容
劇場・ホール1.左手の落ち着いた色調の縦ルーバーで覆われた部分はラウンジやテラスのあるエリアで、右手の外壁石張り部分に研究室や講義室がある。2.日野原重明名誉院長の名を冠した「日野原ホール」は地下1階に位置する。国際会議等にも活用できる仕様で設計された。 3.イスが講壇に対して正面に向いている一方で、通路は講壇から斜めに伸びている。背板の袖部分の長さを列ごとに変えることで、通路がきれいな一直線に見えるように工夫されている。4-5.A3サイズの大きな格納式テーブルをもつイス。背板部分に厚みをもたせて設けたテーブル板の格納スペースは、標準品を拡張し、手元照明、電源・LANコンセントを組み込んだ特注品。234528

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。