ホール・スタジアム・議場総合カタログ 2018-2019 41-42(42-43)

概要

  1. 劇場・ホール
  2. 納入事例
  1. 41
  2. 42

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
劇場・ホール 愛知県の豊橋駅から徒歩3分、舞台劇術による文化と人の交流拠点として計画された劇場です。中心市街地活性化の一環として位置づけられ、地上4階建ての施設は、主ホールを中心に、小規模のアートスペース、稽古や音楽活動に使用できるスタジオ等で構成されています。 778席の客席をもつ主ホールは、舞台から1階客席の最後列までの距離が約19m、2階席の最前列までが約17mと、他の劇場と比べコンパクトなつくりが特徴。出演者の熱気や台詞が客席によりダイレクトに伝わることに配慮した空間です。演劇の他、講演会やコンサート利用も想定し、オーケストラピットや花道の設置も可能。客席の前半部は床構造が束立て式になっているため、公演にあわせて舞台をさまざまな形に変化させることができ、客席最前列から段差のないオープン形式での上演も可能です。ホールイスは稼働する床構造にあわせて軽量化を図るため、メッシュ素材のシートバックを採用。長時間座った際のムレ防止等、快適性の向上にも貢献しています。3劇場本来の仮設性を備えたホール。軽量化デザインのイスが舞台・客席形態の可変性を高める穂の国とよはし芸術劇場プラット所在地:愛知県豊橋市西小田原町123竣工年:2013年設計:豊橋市芸術文化交流施設香山壽夫建築研究所・大成建設設計共同企業体施工:大成・豊田建設共同企業体規模:地上4階敷地面積:7613m²延床面積:8036m²総座席数:778席(主ホール)主なオカムラ製作什器:ホールイス(主ホール)141
右ページから抽出された内容
劇場・ホール21.豊橋市、東三河エリアの芸術文化振興を目的とした中規模劇場。主ホールやアートスペースといったホールの他、創造活動室、音楽スタジオ、カフェ、交流スペース等が設けられている。2.いわゆる「パフォーミングアーツ系」に特化した主ホールは、舞台と距離が近く、勾配も強めの客席が特徴。壁面に設置された縦ルーバーは、音の拡散性の向上と共に、豊橋の名物である手筒花火を想起させる意匠にもなっている。3.2階バルコニー席。座席数は1階530席、2階248席の合計778席。 4.シートバックがメッシュ素材のイスは、軽量かつ快適性も高い。5-6.1階客席の前半部(床がグレーの部分)は束立て式の床構造で、公演ごとに舞台のレベル差を変えることができる。イスを部分的に取り外し、本花道や脇花道の設置も可能。45642

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。