ホール・スタジアム・議場総合カタログ 2018-2019 69-70(70-71)

概要

  1. 劇場・ホール
  2. 付帯設備 LED照明・客席誘導灯
  3. 劇場・ホール
  4. 資料編
  1. 69
  2. 70

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
劇場・ホール付帯設備|LED照明・客席誘導灯 施工照明器具通路長手方向床面高さH=500通路幅方向500H=2505001000LEDの照明分布80761Z製品サイズ/154W×35.8H×14.5D定格電圧/AC100Vケースカバー/ポリカーボネート成型品ブラック色(オプション:ホワイト色)LED/色温度:4500K(オプション:2700K)点灯スイッチ/ボタンスイッチ付きその他/施設側からの一括ON・OFF設定にも対応非常用電源内蔵型80761A製品サイズ/73W×96H×29D定格電圧/AC100Vケースカバー/ポリカーボネート成型品ブラック色(オプション:ホワイト色)LED/色温度:4500K(オプション:2700K)点検スイッチ/バッテリー点検確認用ボタンスイッチ付き電池/専用ニッケル水素電池その他/常時点灯および常時消灯の設定が可能緑灯(通常時)通常時は、商用電源により緑灯(ランプ)が点灯します。赤灯(ライト故障)万が一、ライトが故障した場合、アラーム機能として赤灯(ランプ)が点灯します。無灯(停電時)停電時は、自動的に非常用電源へ切り替えライトを一定時間点灯します。(緑灯および赤灯は点灯しません)GC46(ブラック)GC47(ホワイト)□背面テーブル用LED照明□客席誘導灯客席誘導灯は、ホール、劇場、集会場、映画館などへの設置が義務づけられており、消防庁技術基準をクリアしています。通常時は商用電源により点灯し、停電時は自動的に非常用電源へ切り替え点灯します。また、非常用電源内蔵型には、常時点灯および常時消灯の設定ができます。69
右ページから抽出された内容
劇場・ホール資料編□音響試験ホールイスは、採用される意匠や使用する材料により吸音率が異なってきます。一方、空席と着席時の吸音率差は少ない方が望ましいと言われています。ホールの特長に合わせたイスの吸音・残響性を音響計画とともに作り上げます。施設全体に影響する音響特性は、『JISA1409 残響室法吸音率の測定方法』に基づいて事前に測定することで、音響に関する整備と対策に役立ちます。測定条件試験体の客席イスは残響室中央付近の床面に配置し、その配列の四周は反射性の材料で覆い、囲いの高さは1mまでとする。4脚5列20席のイスに観客が座っていない状態(空席)と観客が着席している状態を測定条件とした。測定方法音源位置は2ヶ所とし、各々5ヶ所のマイクロホン位置で次の周波数を中心周波数とする1/3オクターブバンドについて残響時間の測定を行った。100Hz、125Hz、160Hz、200Hz、250Hz、315Hz、400Hz、500Hz、630Hz、800Hz、1000Hz、1250Hz、1600Hz、2000Hz、2500Hz、3150Hz、4000Hz、5000Hz吸音率の算出方法残響室にイスを配置していない空室状態の残響時間と、イスを配置した状態の残響時間から、次式によってイス一脚当りの等価吸音面積として算出した。A:イス一脚当りの等価吸音面積(m²)V:残響室容積(m³) c:空気中の音速(m/s)S:イスの脚数 c:331+0.6t t:気温(℃)T¹:イスを入れない状態における残響時間(s)T²:イスを配置した状態における残響時間(s)A55.3VcS=-1T21T1試験体③8076ED型ホール客席用椅子 座裏 スチールパンチング仕様 空席状態試験体③8076ED型ホール客席用椅子 座裏 スチールパンチング仕様 着席状態試験体②8076ED型ホール客席用椅子 座裏 合板仕様 空席状態試験体②8076ED型ホール客席用椅子 座裏 合板仕様 着席状態座席一脚当りの等価吸音面積(㎡)座席一脚当りの等価吸音面積(㎡)1/3 オクターブバンド中心周波数(㎐)1/3 オクターブバンド中心周波数(㎐)1.00.90.80.70.60.50.40.30.20.10.01.00.90.80.70.60.50.40.30.20.10.0125250500100020004000125250500100020004000試験体②8076ED型ホール客席用椅子 座裏 合板仕様 空席状態試験体②8076ED型ホール客席用椅子 座裏 合板仕様 着席状態座席一脚当りの等価吸音面積(㎡)座席一脚当りの等価吸音面積(㎡)1/3 オクターブバンド中心周波数(㎐)1/3 オクターブバンド中心周波数(㎐)0.90.80.70.60.50.40.30.20.10.01.00.90.80.70.60.50.40.30.20.10.0125250500100020004000125250500100020004000□床固定方法6535M8×65 ボルトアンカー埋込深さ 35mm以上M8六角ナットバネ座金平座金コンクリート床設置時φ8×60 六角タッピンネジバネ座金平座金※合板厚 30t以上1515木製床設置時11080M8×110 全ネジボルト埋込深さ 80mmM8六角ナットバネ座金平座金接着系アンカー(改修工事などでコンクリート強度が落ちていると思われる時)コンクリート床設置時M8メネジインサートアンカーM8化粧ボルト接着系アンカー移動席設置時(コンクリート床)φ8×60 六角タッピンネジバネ座金平座金1212根太(合板厚さが30t以上取れない場合)木製床設置時M8×25 鬼目ナットM8化粧ボルト1515移動席設置時(木製床)●上記床固定方法は参考例です。状況に応じた最適な固定方法をおすすめします。担当者にお問い合わせください。●特に木質床の場合、素材の仕様により強度・密度が異なるため注意が必要です。70

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。