ホール・スタジアム・議場総合カタログ 2018-2019 79-80(80-81)

概要

  1. スタジアム
  2. 納入事例
  1. 79
  2. 80

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
スタジアム 2007年に開設された、宮城県仙台市の「元気フィールド仙台(仙台市新田東総合運動場)」。高校野球等、地元のアマチュアチームを中心に野球の試合が行われる約1万人収容の観覧席をもつ球場と、約1000人収容の屋内体育館の他、アーチェリー場、スケートボードパーク、ボルダリング室等、市民が集うスポーツ関連施設が設けられています。 球場の観覧席は内野が6000席のイス、外野が4200人収容の芝生席です。内野席は屋外であるため、全天候型の固定イスを設置。また一部のイスを折りたたんで仮設する、組み立て式のアルミ製デッキも導入しました。グループ席や車イス使用者向けのスペースとして、幅広い観戦スタイルに対応可能な多目的デッキです。 屋内体育館の観覧席は、内装に合わせた固定の木製イス752席と、普段は固定観覧席の床下に格納されている可動席280席のほか、車イス用観覧席40席を備えています。更にアリーナの脇にはクッション材を用いたバー状の器具を設置し、腰掛けとしても利用可能。黄色のクッション材が木製イスと共に空間にあたたかい印象を与えています。市民が集う総合運動場の野球場&体育館。仮設デッキ、移動席で展開する観覧席仙台市民球場/宮城野体育館元気フィールド仙台所在地:宮城県仙台市宮城野区新田東4丁目1-1竣工年:2007年設計:大建設計・ドーコン共同企業体施工:前田建設球場収容人数:10200人(芝生外野席を含む)体育館観覧席数:1072席(車イス用を含む)主なオカムラ製作什器:固定観覧席(球場・体育館)、多目的デッキ(球場)、移動観覧席(体育館)179
右ページから抽出された内容
スタジアム2 1.約1万人を収容可能な仙台市民球場。 2.人工芝のグラウンドに加え、内野席のイス、外野の芝生席等、統一感のある緑のカラーリングも特徴。3-6.客席のイスは一部が折りたたみ式で、専用の器具を組み合わせることで、バリアフリーの車イス用観覧席にもなる多目的デッキを設置できる。アリーナ脇に設置されたクッション材を用いたバー状の器具。宮城野体育館は木製の固定席(写真左)の床下に移動観覧席(写真右/格納時の様子)を設置。階段状に展開すれば、固定席とあわせて約1000席の観覧席となる。346580

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。