ホール・スタジアム・議場総合カタログ 2018-2019 83-84(84-85)

概要

  1. スタジアム
  2. 納入事例
  1. 83
  2. 84

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
スタジアム 2002年のFIFA日韓ワールドカップの試合会場となるなど、スポーツ競技会場として活用される他、野外コンサート等も開催されるスタジアム。宮城県利府町にある「グランディ・21(宮城県総合運動公園)」内に建設され、周辺には屋内体育館や各種競技場、合宿所等のスポーツ関連施設も設けられています。 メインスタンドは、仙台藩祖・伊達政宗の兜にある三日月をモチーフにデザインされた屋根が特徴的です。スタジアム内は1階レベルにトラックが広がり、観覧席へは3階からアプローチします。座席数は東北地方のスタジアムでは最大級となる約4万9000席で、メインスタンド側が2層、バックスタンド側が1層構造になっています。固定席はスタンディングでの観覧も想定し、折りたたみ型のイスが導入されました。東北地方最大級のスタジアム。高耐候性の折りたたみ式観覧席宮城スタジアム グランディ・21所在地:宮城県宮城郡利府町菅谷字舘40-1竣工年:2000年設計:針生承一・阿部仁史共同アトリエ施工:鹿島・奥村・橋本・奥田共同企業体建築面積:36685m²延床面積:57565m²観覧席数:約49000席主なオカムラ製作什器:観覧席123 1.サッカーや陸上競技を中心に幅広い野外イベントが開催されるスタジアム。2-3.野外スタジアムであるため、全天候型の観覧席が求められた。 4.イスの素材は高密度ポリエチレン製の特注品。 5.一部VIP席には肘部分にカップホルダーが備えられている。5483
右ページから抽出された内容
スタジアム 開業から60年以上に渡り、地域の人々を中心に親しまれてきた「神奈川スケートリンク」が、2015年に「横浜銀行アイスアリーナ」としてリニューアルオープン。メインのリンクを拡張し、国際規格の60m×30mになったことで大規模な競技会の開催が可能に。一般の利用だけでなく、スケート教室やイベント、アイスホッケーの練習等が活発に行われています。 初心者が安心して利用できるサブリンクの他、滑ることのできない小さな子供のためのキッズルーム、おむつ替え室や授乳室といった、家族連れが利用しやすい設備が整えられています。キッズルームには、安全性とメンテナンス性が高いボックス型のシートを導入。白と黄色の明るいカラーリングも特徴で、親子が快適に過ごせる空間になっています。地域のスケートリンクがリニューアル。競技会から家族連れの利用まで、幅広く対応23 1.1951(昭和26)年に開業したスケートリンクが建て替えられ、2015年にリニューアルオープン。2-3.施設内の2階にあるスケートリンク。国際規格のメインリンクと、初心者用のサブリンクがある。大規模な競技会やアイスホッケーの試合も開催可能。 4.滑ることのできない子供用のキッズルーム。クッション性ある家具が導入された。4横浜銀行アイスアリーナ所在地:神奈川県横浜市神奈川区広台太田町1-1竣工年:2015年設計・施工:三井住友建設規模:地上3階観覧席数:359席主なオカムラ製作什器:観覧席、キッズルーム家具184

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。