オカムラ スタディデスク 2018(第二版) 7-8(8-9)

概要

  1. 天板広さ調整(E)
  1. 7
  2. 8

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
2POINT1POINT低学年の子どもは、1人で部屋にこもって勉強するより、リビングやダイニングなど親の目の届く範囲で勉強する方がリラックスでき、安心感から学習意欲が高まると言われています。リビング学習の時期は省スペース。子どもが成長して自分の部屋で学ぶときは十分な広さで学べるよう、さまざまな環境に応じて幅や奥行きを調節可能。天板をムダなく有効に使えます。なぜ「リビング学習」が効果的なの?学習環境に応じて天板スペースを確保天板広さ調節リビング学習から学ぶ場所に応じてリビング学習から自室学習まで学習スタイルや環境に合わせ自由度の高いレイアウトが可能です。子ども親コミュニケーションがとりやすいすぐに質問に答えられる宿題などを見てやりやすい目が届くから安心教えてもらいやすいさびしくない色んな話がしやすいすぐになんでも聞ける120%UP!+60cm!+10cm!155%UP!奥行き幅ExtensionTypeE天板広さ調整タイプの商品には、このマークが付いています07
右ページから抽出された内容
天板を拡張し作業スペースを確保!家族の食卓であるダイニングテーブルは、学習用に作られているわけではありません。集中力が保てるよう、リビング学習には学習に必要な機能を備えた専用の学習家具がおすすめです。リビング学習には専用の学習家具を3POINT明るいし目も疲れない大きくなったら子供部屋でも使える教科書や文房具をしまえる場所がある姿勢良く座れて集中力UP!ダイニングチェアは足がブラブラして集中できないリビングの照明はくつろぐためのものご飯よ!片付けなさい!勉強道具はどこにしまうの?リビング学習のための学習家具ダイニングテーブルは家族の食卓08

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。