ライブラリー[図書館]総合カタログ 2018-2019 57-58(58-59)

概要

  1. 納入事例
  2. 徳島市立図書館
  3. 納入事例
  4. 東京経済大学図書館
  1. 57
  2. 58

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
3一般閲覧スペースのソファは葉っぱ形のデザイン。4児童スペースのAV視聴覚コーナー。5半屋外テラスは、閲覧スペースの他、イベントにも利用できるスペース。 これまで官庁街にあった図書館が、利便性の高い徳島駅前ビル内に移転し、生まれ変わりました。同市の文化施設や、県内随一の百貨店も入居する集客性の高い複合ビルで、図書館を憩い・集いの場としてデザインすることにより、利用者層を広げ、利用状況の改善を図る試みです。 そのひとつが、原っぱや森をイメージさせる、緑の環境づくり。その主役は、壁面や家具など随所に組み込まれた観葉植物です。閲覧スペースのソファやテーブルはやわらかな曲面で構成され、カラフルな配色で、楽しく、リラックスできる空間を演出。児童スペースやオムツ替えコーナーも充実し、親子連れが出かける目的地としても認知されるようになりました。半屋外テラスの閲覧スペースもユニークで、気候が穏やかな中間期には気持ちの良い場所。利用者が多様な読書環境を選べる図書館です。駅前複合ビルに出現した緑のフロア。原っぱや森の中で読書をするような憩いと集いの場66階の閉架スペースには電動集密書架を導入。徳島市立図書館所在地 徳島県徳島市元町1-24アミコビル内開館 2012年床面積 約3300㎡収容可能冊数 約50万冊内装設計 アール・アイ・エー施工 鹿島・北島コーポレーション建設共同企業体主なオカムラ製作什器:書架・閲覧スペース家具・電動集密書架納入事例91「森」がコンセプトの6階は一般開架・閲覧スペース。既存の柱を樹の幹に見立て、天井ダウンライトは木漏れ日をイメージして配置している。2「原っぱ」がコンセプトの5階は児童スペース。読み聞かせコーナーや、畳コーナーなども設置。34561257
右ページから抽出された内容
転載不可121〜3階は、正方形の開架スペースの周囲を閲覧スペースが囲う平面構成。3自然光が届かない中心の開架スペースは、床から天井、書架もすべて白で統一された空間。4吹き抜けが取り込んだ自然光が、ブックウォールを介して閲覧スペースに入る。5閲覧スペースのテーブル上には、照明付きのパーティションを設置。デザイナーによる本を開いたような造形。閲覧テーブル上で、プライベート領域をそれとなく生み出す仕掛け。6閲覧スペースとグループ閲覧室を間仕切るブックウォール。木製棚板による水平ラインを強調したデザイン。7地下階には、手動で書架をスライドさせながら使用する集密書架や、自動書庫「MediaRunner(メディアランナー)」が設置されている。 エコキャンパス宣言の下に設計された図書館で、省エネルギーへの配慮がなされています。2方向に大きな吹き抜けを設けることで、館内に光を採り入れつつ、春秋には通風をとって熱をこもらせません。一方、開架図書数を増やすため、各スペースを間仕切る壁自体が書架になっており、このブックウォールで四周が囲われた空間と吹き抜けが遮断されないよう、背板を付けていないところに特徴があります。 書架や閲覧スペースにたまった熱気も、このブックウォールの本の隙間から、その裏の吹き抜けへと抜けていきます。ここでは水平応力を担う背のフレームをもなくすことで、視線の通るシンプルで美しい書架に仕上げました。さらに、木製の棚板をスチール製の側板よりも前に出し、左右で高さを揃えています。空間を囲う書架の連続性が強調されたデザインです。本が壁一面を覆うブックウォール。光と風、視線が通り抜けるデザイン東京経済大学図書館所在地 東京都国分寺市南町1-7-34開館 2014年延床面積 約7858㎡収容可能冊数 約84万冊座席数 680席設計 佐藤総合設計施工 戸田建設家具デザイン:丘の上事務所主なオカムラ製作什器:書架・閲覧スペース家具・自動書庫納入事例234567158

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。