ミュージアム[美術館・博物館]総合カタログ 2018-2019 19-20(20-21)

概要

  1. 納入事例
  1. 19
  2. 20

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
図書館と連続する文学ミュージアム。手軽に手にとれるものから、温湿度を管理する貴重品まで幅広く展示 2003年開館の県立図書館・文書館内に、2015年、新設されました。1階にあった郷土コーナーを別のエリアに移設し、そこに屋根付きの建築内建築として建てられたものです。ひとつの建物内で、地元ゆかりの文学を知り(文学館)、その本を読み(図書館)、さらにその文学の背景や歴史を知る(文書館)ことができる、総合的な情報施設となりました。 文学館のエントランスは、図書館の新聞雑誌コーナーに面して大きく開かれ、最初のコーナーは書棚で囲われた、明るく入りやすい導入ゾーンです。その奥に代表作家ゾーン、企画展示ゾーンと続きますが、貴重な文学資料が展示されるため、照度が落とされています。壁面展示ケースや独立展示ケースを用いて、展示品を保全しながら、より直接的な鑑賞に近づけました。一番奥には映像コーナーが設けられ、紙だけでなく、映像資料も視聴可能。奥に進むほどに情報の濃度が高まる、奥行きのある展示空間になっています。納入事例02福井県ふるさと文学館所在地:福井県福井市下馬町51-11(福井県立図書館・文書館・ふるさと文学館)開館:2015年建物規模:地下1階・地上4階(館全体)建築設計:槇総合計画事務所(2003年)建築面積:約1万2919m2(館全体)展示面積:約1020m2(ふるさと文学館エリア)建築改修設計:トータルメディア開発研究所建築改修施工:坂川建設展示設計・施工:トータルメディア開発研究所主なオカムラ製作什器:壁面展示ケース・独立展示ケース19
右ページから抽出された内容
11.代表作家ゾーン。文学にまつわる展示品は大きさ、形状、展示方法に幅があるため、独立展示ケースも、高さのある行灯型、平型覗きケース、傾斜覗きケース、ミドルケース、ローケースと多種が配置されている。2-3.企画展示ゾーン。壁面展示ケースのほか、移動可能な覗き展示ケース、可動間仕切り、壁面にはVitra社の「Invisible」を採用。埋め込みタイプの水平レールに専用アタッチメントを差し込む構造で、自由な位置で展示することができ、着脱も容易にできる。テーマに応じたフレキシブルな展示が可能。4.地元ゆかりの作家や作品を紹介する導入ゾーン。23420

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。