ミュージアム[美術館・博物館]総合カタログ 2018-2019 35-36(36-37)

概要

  1. 次世代展示ケース開発プロジェクト
  1. 35
  2. 36

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
すべて山形県に所在する会社にて開発・製造されました。[協力会社]展示ケース設計・製作:(株)オカムラ木工製作:(株)天童木工照明器具・電装製作:後藤電子(株)スチール躯体製作:不二工業(株)免震装置製作:THK(株)有機ELパネル製作:Lumiotec(株)、パイオニアOLEDライティングデバイス(株)[ケース製作・デザイン監修]木下史青(東京国立博物館学芸企画部企画課デザイン室長)次世代展示ケース開発プロジェクト東京国立博物館の監修による「次世代展示ケース」をオカムラが設計・製作しました。 このプロジェクトは、山形県と公益財団法人山形県産業技術振興機構が東京国立博物館の協力のもと、有機EL照明を搭載した次世代展示ケースの開発を行なったものです。この展示ケースは、LEDよりもさらに低発熱で紫外線を放射しない新しい光源として注目されている有機ELを採用した展示ケースで、製作はすべて山形県内企業に委託され、オカムラでは設計・製作を担当しました。 完成した新しい展示ケースは山形県から東京国立博物館へ寄贈され、同館にて2016年3月に「国宝土偶縄文の女神」を展示し、特別公開されました。オカムラでは、展示ケース用有機EL照明の研究・開発を行なっております。新規製作及び改修等に対応いたします。詳しくは担当者へお問い合わせください。35
右ページから抽出された内容
次世代1 有機EL:演色薄型テレビや携帯電話のディスプレイなどで普及している有機ELは、薄型・軽量・面発光という特徴をもち、LEDよりもさらに低発熱で紫外線を放射しない次世代光源として注目されています。有機ELの特長■高演色■パネル自体が面発光するため光が柔らかい。■光に紫外線及び赤外線を含まない。■照明器具が超薄型。次世代2 有機EL:調色有機ELパネルの特性を生かした光の色味を変化させるシーン演出が可能です。(下部有機EL照明のみ)次世代3 超高透過ガラスガラス面に高性能な反射防止加工することで、光の反射を限りなく抑えます。低反射フィルムは、飛散防止機能も兼ね備えています。次世代4 杉材圧密加工杉は広葉樹に比べて柔らかいため、強度面で家具には向かない材です。今回はそれを改善した新技術を採用しました。杉の温もりを損なわない高品質な仕上がりです。次世代5 免震装置大切な展示物を地震から守る免震装置。展示ケース下部に配置することで、地震時における展示ケース本体の転倒も防ぎます。巾木はケース移動時のみ着脱。サイズ1100W×1100D×2200H(床高1050H)(単位:mm)性能エアタイト(空気交換率0.1回/日以下)ガラス超高透過ガラスt8 固定3面、扉1面、天面、合計5面透過率97.4%、視感度反射率1.4%本体スチール軸組 アクリル樹脂粉体焼付塗装エアタイトプレートt1.0調湿ボックス スチールt1.2外装木製(表面材:山形県産杉圧密加工材) 木染色ポリウレタン塗装照明ボックス、手摺り、腰部、巾木開口部ガラススライド扉 開口率90%展示床面展示台スチールt1.6 竹炭セラミック配合特殊粉体塗装展示面上面:アクリル板t5.0(フロスト調)中面:メッシュ柄印刷フィルム下面:アクリル板t3.0(乳半)照明有機EL上部パネル:145mm×45mm16枚演色性:Ra90色温度:4000K 調光:10〜100%寿命:12,000時間有機EL下部パネル:145mm×145mm 4枚演色性:Ra85 色温度:2600〜4500KRYB1,677万色調光:10〜100% タイマー制御(シーン組込み)寿命:8,000時間免震二次元免震装置 神戸波対応(100ガル以下に減衰)36

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。