ミュージアム[美術館・博物館]総合カタログ 2018-2019 3-4(4-5)

概要

  1. コンセプト
  2. 生の体験をめざすミュージアム
  1. 3
  2. 4

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
33
右ページから抽出された内容
視線のコントロール(大きさ・高さ)P.44ケース形状・レイアウトデザインP.41ガラス透過性・ガラス反射対策P.45照明P.48生の体験をめざすミュージアム――存在感を消す展示設備現物に接することができるのが、ミュージアムの大きな意義です。ライブな体験を最大限に得られるよう、展示設備はその存在感を消してゆくような工夫を重ねています。設備で大きな面積を占めるのはガラスケース。その存在感を抑えるために、フレームレスでシンプルな形状が求められます。照明は光源を隠し、直接光は目に届かぬように。展示物に接するその体験の質を上げるには、そのための技術が必要です。オカムラはその蓄積と開発を続けています。4

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。