オカムラ ラボラトリー[研究施設]総合カタログ 2018-2019 359-360(360-361)

概要

  1. 実験室
  2. 環境制御
  3. 環境試験装置
  1. 359
  2. 360

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
359環境試験装置流し台作業台ワークデスク収納チェアシェルフその他クリーンルームバイオハザードケミカルハザード動物飼育環境試験装置実験室SX実験台概要ボランチポプラリフォルマフリーウェイウェットラボプラティコフリーウェイドライラボリベルテ周辺共通オプションヒュームフード概要レジェールベルデ卓上フード局所排気システム屋上設置スクラバー排気ファンダンパベンチレータ気相式ヒートショック試験装置写真はイメージです。(オプション仕様も含まれています[温度記録計・非常停止スイッチ・サイクルカウンター])■特長新機能⃝USBメモリー保存機能トレンドグラフのデータをUSBメモリーへ保存することができます。液晶操作パネルのトレンドグラフに表示するデータ(測定温度)をCSVファイル形式でUSBメモリーに保存する機能です。キャスター・レベルアジャスター装置移動用のキャスター・レベルアジャスターを標準装備しました。外観デザイン一新外装材にステンレス(ヘアライン仕上げ)を採用、装置左右にクリアカバーを装着してデザインを一新しました。信号外部出力端子タイムシグナル・試料電源・外部警報出力端子を標準装備しました。インターフェースRS-232Cインターフェース機能を標準装備しました。(接続ケーブルはオプション品)⃝データログ機能異常検出によりアラーム停止した場合、停止直前の装置の運転状況をUSBメモリーに保存する機能です。停止直前のデータを回収することで、故障解析に役立ちます。100サイクル連続運転2ゾーン(低温試験⇔高温試験)運転にて最大100サイクル除霜なしで運転可能になりました。試験条件:低温始動、エコ運転2機能無効(制御点:風上制御)低  温 -40℃/30分高  温 125℃/30分試  料 ES-57L:3.5kgES-107L:5kg(プラスチックモールドIC、試料搭載治具質量含む)周囲温度 20℃周囲湿度50%RH以下電源電圧 定格±5%以内※本試験条件以外では100サイクル連続運転はできない場合があります。ES-107Lシリーズ冷却方式試験槽内容量(L)型式試験温度範囲低温試験高温試験気相式ヒートショック試験装置標準空冷式47ES-57L−70〜0℃60〜200℃105ES-107Lスクロール圧縮機の動作原理固定スクロールと旋回スクロールではさまれた三日月形の圧縮空間にとじ込められたガスは、中心に向かって圧縮され、中心にある吐出ポートより吐き出される。①固定スクロール外側の 吸込口から冷媒を吸入。②圧縮空間に閉じ込められた 冷媒が、中心に向かって縮小。④中心部で冷媒が最高に 圧縮されて吐出。また①へ。③さらに三日月形を小さく しながら圧縮。旋回スクロール吐出ポート270°180°90°固定スクロール
右ページから抽出された内容
360気相式ヒートショック試験装置 ■流し台作業台ワークデスク収納チェアシェルフその他クリーンルームバイオハザードケミカルハザード動物飼育環境試験装置実験室SX実験台概要ボランチポプラリフォルマフリーウェイウェットラボプラティコフリーウェイドライラボリベルテ周辺共通オプションヒュームフード概要レジェールベルデ卓上フード局所排気システム屋上設置スクラバー排気ファンダンパベンチレータ見やすく、操作性の良い、カラー液晶タッチパネルを搭載全ての設定およびスイッチ操作を液晶パネルに集約。使い勝手の向上・省エネのために、種々の機能を標準装備言語切替え機能液晶操作パネルに表示する言語が操作パネル上で変更が可能です。対応言語は、日本語・英語・中国語(簡体字)・韓国語の4ヵ国語です。運転モードとエコ運転の設定データログ機能異常検出によりアラーム停止した場合、停止直前の装置の運転状況をUSBメモリーに保存する機能です。停止直前のデータを回収することで、故障解析に役立ちます。パターン組み合わせ最大3つの試験パターンを組合せて試験を行うことができます。運転モードの設定試験サイクル中の装置能力を設定します。省エネ装置能力を低くします。試料の量が少ない場合や低温試験温度が高い時に選択。標 準装置能力が標準の状態。高負荷装置能力を高くします。試料の量が多い場合や低温試験温度が低い時に選択。機  能内  容終了条件設定温度サイクル運転終了後の終了条件の選択が可能・乾燥運転後停止 ・常温運転後停止 ・除霜運転後停止 ・準備運転状態運転モード設定試験に応じた運転モードの設定が可能・省エネ ・標準 ・高負荷トレンドグラフトレンドグラフ(スクロール機能付)を表示試験パターン名称入力試験パターンの名称を英数字10文字まで登録可能タイマ・1回・毎日・曜日の3つのモードでタイマ運転/停止が可能サイクル数中断サイクル数を指定して運転の中断が可能メモ帳LCDパネルに文字や絵などを手書き可能エコ運転設定余分な予熱・予冷運転を行わないエコ運転の設定ができます。エコ運転1最終の試験サイクルにおいて、低温試験が終了したら低温槽の予冷運転を停止、または高温試験が終了したら高温槽の予熱運転を停止します。(注意)運転制御の終了位置が乾燥後停止および準備後停止の場合は、無効となります。エコ運転2予冷運転時に、予冷温度到達後から低温試験開始の一定時間前まで冷凍機運転を停止し、同様に予熱運転時に、予熱温度到達後から高温試験開始の一定時間前まで加熱器運転を停止します。(注意)エコ運転2を設定された場合、運転条件によっては温度復帰時間が低下する場合が有ります。   このため、必ず予備試験を実施し、性能,仕様の確認をされた上でご使用ください。お客様の開発・研究・試験をサポートできるように各種の環境試験装置を準備して受託試験を行っています。大型製品や長期試験・短期試験などさまざまなご利用形態に対応しています。受託試験のご案内

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。