オカムラ ラボラトリー[研究施設]総合カタログ 2018-2019 99-100(100-101)

概要

  1. 実験室
  2. ヒュームフード(局所排気装置)
  3. 特長
  1. 99
  2. 100

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
特長 エアーフォイルと作業面の上面の段差がないため、フード内部への 機器の出入れが容易におこなえます。また作業面上に滞留しやすい 比重の重いガスのスムーズな排気にも効果があります。 ※・耐薬品性能については、P.86のZE25をご確認ください。 転載不可 転載不可 機器の出入れが容易なエアーフォイル 転載不可 ヒューマンエラー防止のため、サッシを上昇させると、規定位置で 止まる開口制限ストッパーを標準装備しています。ストッパーを解除 することで、サッシを全開させることができ、大型機器の出入れを 容易におこなえます。またサッシを閉じる場合は、解除操作の必要 ない機構となっています。 開口制限ストッパー ハンドルやコンセントなどは、安全性と操作性を重視してポストに、 ノズルは作業面を有効に使用するために内側面に設置しています。 ポストに設置することで立ち姿勢での操作が可能となり、身体への 負担が少ないだけでなく、万一の危険に対する安全性も持ち合わ せています。またハンドルのインデックス表示には視認性の高い・ 独自のデザインを採用しています。 安全性と操作性を重視したユーティリティー類 99 SX ヒュームフード 概 要 レジェール ベ ル デ 卓上フード 局 所 排 気 シ ス テ ム 屋 上 設 置 スクラバー 排気ファン ダ ン パ ベンチレータ 実 験 台 概 要 ボ ラ ン チ ポ プ ラ リフォルマ フリーウェイ ウェットラボ プラティコ フリーウェイ ドラ イ ラ ボ リ ベ ル テ 流 し 台 作 業 台 ワ ー ク デ ス ク 収 納 チ ェ ア シ ェ ル フ そ の 他 ク リ ー ン ル ー ム バ イ オ ハ ザ ー ド ケ ミ カ ル ハ ザ ー ド 動 物 飼 育 環 境 試 験 装 置 周 辺 共 通 オプション 実 験 室 ヒ ュ ー ム フ ー ド ・
右ページから抽出された内容
オペレーションスイッチとディスプレイユニットでフードの運転指示 や運転状況の管理がおこなえます。 新たに採用したディスプレイユニットにより、フード周辺からの運転 状況の確認も可能になりました。 オペレーションスイッチ・ディスプレイユニット 転載不可 排気風量が一定値以下となった場合に、作業者に異常をお知らせします。 風量低下警報 使用開始から一定時間経過した場合に、メンテナンスを促します。 定期的なメンテナンスにより、フードをより安全に長期間お使いいただけます。 メンテナンス警報 標準装備のサッシ落下防止機構により、万一のサッシの落下を防ぎます。 サッシ落下防止機構 最適な気流を実現する独自設計の把手により、安全性を高めています。 安全性を重視した把手 下台はワゴン、廃液収納カート、冷却水循環装置、真空ポンプなどを収納可能なオープンタイプとしました。足元のスペースを確保できるため、作業効率の向上にも寄与します。 また配管立上り位置に対応するため、後面の幕板は高さ調整が可能な構造としています。 下台 100 SX ヒュームフード 概 要 レジェール ベ ル デ 卓上フード 局 所 排 気 シ ス テ ム 屋 上 設 置 スクラバー 排気ファン ダ ン パ ベンチレータ 実 験 台 概 要 ボ ラ ン チ ポ プ ラ リフォルマ フリーウェイ ウェットラボ プラティコ フリーウェイ ドラ イ ラ ボ リ ベ ル テ 流 し 台 作 業 台 ワ ー ク デ ス ク 収 納 チ ェ ア シ ェ ル フ そ の 他 ク リ ー ン ル ー ム バ イ オ ハ ザ ー ド ケ ミ カ ル ハ ザ ー ド 動 物 飼 育 環 境 試 験 装 置 周 辺 共 通 オプション 実 験 室 レジェール ■ ・

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。