Lives[ライブス]ブランドブック 6-7(6-7)

概要

  1. 6
  2. 7

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
誰でも扱いやすく、使い勝手が良いから、どんなシチュエーションでも気持ち良く快適に働ける。LivesPolicy1行動を促す居心地だけではなく、働く場としての機能性も求められています。座り心地も大切です出典:株式会社岡村製作所椅子やソファの座り心地が悪い32%6
右ページから抽出された内容
ワクワクやドキドキが感じられる環境こそ創造性を育み、効率性をもたらす。だからこそ、私たちのオフィスは、素材の力で感性を刺激する場所であってほしい。1,000名のオフィスワーカーへのアンケートの結果、6割を超える人が働く場所には“色彩”だけでなく、素材の“質感・触感”も重要だと感じていることがわかりました。オカムラでは人間と家具の接点となる“素材の力”に注目しています。働く人、学ぶ人の個性が尊重される時代になり、“空間を選択”できることが重要なキーワードとなっています。このような時代には、個性溢れ、人間の感性を刺激する「CMF(Color・Material・Finish)」が求められています。LivesPolicy6割以上の人が感じています出典:株式会社岡村製作所2感性を刺激する7

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。