Counter & Public カウンター / 周辺什器・周辺機器カタログ(2017-11) 4-5(6-7)

概要

  1. Concept「環境対策」
  1. 4
  2. 5

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
4Concept[環境対策]製品の開発段階から、環境に配慮しています。使用しているすべての部材・部品の材質レベルを把握しています。オカムラは、製品の主要部材はもとより、ビス1本1本まで、材質・表面処理方法などの詳細情報を把握しています。お客さまに安心をお届けするため、オカムラはお客さまのご要望に応じ、詳細な部材・部品の材質データを提供いたします。設計時点から将来のリサイクルを考え、単一素材中心の構造を採用しています。製品として使用が終わったあとは、回収し単一素材ごとに分解できます。簡単な工具で部品交換とメンテナンスがしやすい製品です。単一素材に分解しやすく設計し、可能な限り材料表示をすることで材料のリサイクル化を促進した製品です。輸送も省エネ。ノックダウン構造組み立てるゴンドラは、輸送効率が高く、納品時のトラック使用台数を削減できます。一体型什器に比べ、体積換算で約1/10のスペースで積み込め、輸送時の消費エネルギーを削減できます。スチールはリサイクル優等生スチールのリサイクルは、今日の環境問題が注目されるずっと以前から、あたりまえにおこなわれています。現在では1年間に生産される鉄鋼の約1/3がリサイクルによって作られています。(建材で使用される鉄筋やH鋼として再生されています。)オカムラのゴンドラはスチール構成比率が80∼99%あり、再資源として有効活用できます。一体型什器だとトラック2台分。■店舗で使用する什器をゴンドラにした場合。ゴンドラは1台でOK。さらに荷物を積むことも可能です。80%∼99%ゴンドラ構成部材スチール使用率80%∼99%ゴンドラ構成部材スチール使用率再資源化省資源長寿命※当社ゴンドラ構成部材重量比換算※1650H×900W×450Dの陳列什器18台を2tトラックにて輸送した場合の比較。単一素材分解率100%再生材省エネ
右ページから抽出された内容
5■スチール棚をミニバーへ変更。■エンドフレームの追加。■スチール棚をミニバーへ変更。■エンドフレームの追加。VOCを含まない粉体塗装ゴンドラのスチール塗装は、シックハウスの原因となるVOC(揮発性有機化合物)を含まない粉体塗装を採用しています。塗装工程においても屋外に有害化学物質を出さない、専用塗装システムにて生産しています。(※一部を除く)リサイクル100%の分解率ゴンドラは使用後のリユース・リサイクルを考慮して、全パーツが単一素材に分解できるように設計されています。長寿命のシステム什器オカムラのゴンドラは、サイズ規格を統一したモジュールを採用しています。棚板を追加して陳列商品を増やしたり、傷ついたパーツを交換して、長く使用できる構造になっています。また、使用しないパーツは保管しておき、他の店舗に転用もできます。長寿命のシステム什器オカムラのゴンドラは、サイズ規格を統一したモジュールを採用しています。棚板を追加して陳列商品を増やしたり、傷ついたパーツを交換して、長く使用できる構造になっています。また、使用しないパーツは保管しておき、他の店舗に転用もできます。安全環境再資源化再使用・長寿命再使用・長寿命

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。