Gondola ゴンドラ・ラック什器・壁面什器カタログ(2017-12) 14-15(16-17)

概要

  1. ゴンドラ使用上の注意
  1. 14
  2. 15

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
14この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、死亡または重傷を負う可能性が切迫して生じることが想定される内容を示しています。警告警告お取り扱いについてこの表示を無視して、誤った取り扱いをすると、傷害を負う可能性が想定される内容および物的損害のみの発生が想定される内容を示しています。または重傷を負う可能性が想定される内容を示しています。注意表示シール転倒防止金具支柱棚板にはこぼれ止めを使用してください。棚板よりはみ出して陳列・在庫をしないでください。●製品に乗ったりぶら下がらないでください。部材の脱落や製品転倒によるケガや事故の原因になります。製品に乗ったり、ぶら下がらないでください。●最大積載質量を超える商品を載せ ると、部材の脱落や製品転倒によ るケガや事故の原因になります。最大積載質量を超えるものを載せないでください。●棚板にはなるべくこぼれ止め(ワイヤーストッパー等)を使用してください。商品の落下による事故などを防ぎます。●棚板よりはみ出して陳列すると、 落下や衝突による事故の原因にな ります。●片面本体での棚板両面使いはし ないでください。転倒してケガを する原因になります。片面型で棚板両面使いはおやめください。●製品の転倒や、落下などケガの原 因や事故の原因になります。異常を発見したままで使わないでください。●製品に貼ってある表示シールははがさないでください。スキマや可動部には指や手を入れないでください。ケガをする恐れがあります。表示シールは外さないでください。●片面型什器は必ず転倒防止金具に て、壁固定・床固定をしてご使用く ださい。転倒防止対策のない設置 は転倒によるケガの原因となります。 転倒防止金具は、製品により異なり ますので、弊社支店、または販売店 にお問い合わせください。什器は必ず転倒防止対策をしてご使用ください。●お客様での分解・修理は大変危険ですので、必ず弊社販売 窓口までご連絡ください。●ボルトやネジが緩んだまま使わないでください。本体が壊れ てケガをする恐れがあります。分解・修理はしないでください。●お客様による改造は、故障の原因となります。また、その場合 の責任は弊社として負いかねます。●改造が必要な場合は、事前に弊社販売窓口までご連絡ください。改造はしないでください。故障や事故の原因となります。ゴンドラ使用上の注意安全にお使いいただくために(必ずお守りください)
右ページから抽出された内容
15警告設置についてキャスター什器移動の際は、必ず商品を取り除いてから作業してください。キャスター什器移動の際は、必ず障害物を避けてください。●キャスター付什器は必ず平坦な床でお使いください。傾斜があると不意に動き出し、思わぬケガをする場合があります。什器は平坦な床に設置してください。●雨のあたる場所に什器を設置しないでください。サビにより什器の性能が落ちます。什器は屋内に設置してください。警告棚板の設置について●最大積載質量は等分布静止荷重です。等分布静止荷重とは、棚板上面全体に等しく、静かに荷重をかけた状態をいいます。したがって表示荷重以下であっても、左右どちらか一方に片寄って荷重をかけたり、衝撃が加わるような載せ方をしますと、棚板・ブラケット・什器本体が変形または破損する場合があります。最大積載質量について●商品を載せたまま移動しますと、キャスターの破損や商品が落下し、ケガ・事故の原因となります。●配線ダクト・レール等の障害物を無理に越えようとしますと、キャスターの破損や棚板が外れ落下・衝突によるケガ・事故の原因となります。注)記載してある最大積載質量はすべて等分布静止荷重です。棚板の最大積載質量●棚板またはブラケットに刻印されている数値が、最大積載質量となります(ブラケットは2倍の数値)。棚板とブラケットの最大積載質量が異なる場合は、低い方の数値が最大積載質量となります。警告修理・移設について●分解・改造・組立・移設の際は弊社販売窓口にお問い合せください。お客様側での分解・改造・組立・移設は転倒などの事故によりケガをする恐れがあります。適切な換気の励行に関するお願い●購入当初は、化学物質の発散が多いことがあります。しばらくの間は、換気や通風を十分行うようにしてください。●室温が著しく高温多湿となる場合(温度28℃、相対湿度50%超が目安)には、窓を閉め切らないようにしてください。商品は静かに載せてください。正面側面正面側面注意●ブラケットはきちんと取り付けてください。棚板をご自分でセットされる場合、ブラケットが支柱のスリットにしっかりはまっているか確認し、確実に棚板をセットしてください。・ブラケットの爪を支柱のスリットに確実に差し込んでください。不完全な場合は棚板が落下する恐れがあります。・スリット位置を変更する場合には、必ず棚板上の陳列商品と棚板を取り外してから行ってください。●棚板はきちんと取り付けてください左右のブラケットは、必ずお互いに水平な位置にセットし、棚板は奥まで確実にセットします。ブラケットの取り付け左右のブラケットは、必ずお互いに水平な位置にセットします。スリットにブラケットの爪が入っていない。ブラケットの爪をスリットにしっかり差し込んでください。※下記条件では、ブラケット荷重性能により、 棚板に載せられる最大積載質量は100kgまでです。棚板最大積載質量:150kgブラケット最大積載質量:100kg荷重まで100kg荷重50kg荷重50kg棚板最大積載質量が150kgでも、ブラケット側が100kgまでしか受けられないので、棚板としての最大積載質量は100kgになります。450D 100KG/PAIR450D150KG

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。