冷凍冷蔵ショーケース Fontana-DeuxZ カタログ(2018-02) 10-11(12-13)

概要

  1. フォンターナ ドゥー ヅェータ新登場
  2. 安定した温度管理でおいしさを持続
  1. 10
  2. 11

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
6時間24時間庫内温度が変わらないから、商品の鮮度保持とおいしさに格段の差が出ます。デフロストシステムと比較すると温度変化の差が明らかです。この違いは商品の鮮度を大きく左右します。デフロストシステム  (  品温  庫内温度)6時間ノンデフロストシステム(  品温  庫内温度)●庫内温度データ比較鮮度イキイキ一時的に温度が上がる品温が一定に保たれるデフロストデフロスト冷凍・冷蔵ショーケースは、品温の一定化が鮮度保持のキーポイントです。ノンデフロストシステムは長時間営業の鮮度管理に最適です。□長時間の鮮度保持に優れ、ずっとおいしさを逃がしません。□商品が劣化しにくく食品安全面は二重丸。より安心なお買物を約束します。□商品の劣化によるロスを最小限におさえます。例えば精肉で鮮度と味を比べてみると温度管理で鮮度が大きく左右される精肉や鮮魚の場合に、特にその差が顕著です。精肉で比較した場合、味の劣化となるドリップの量に大きな差がでます。101520ドリップ量の差16時間後急激に劣化が始まります。常に0℃維持により商品の劣化を抑えます。BAドリップ量(ml/100g)A0℃一定を継続した場合0℃から30分経過後15℃に、さらに30分経過後0℃になるように設定B時間(h)2.01.51.00.5●温度条件の違いによるドリップ量変化ABオカムラ独自のノンデフロストシステムで商品鮮度管理安定した温度管理でおいしさを持続。鮮度管理10
右ページから抽出された内容
ノンデフロストショーケースのラインナップ。売り場に合わせて選べる各種サイズバリエーションをご用意しています。1940H多段型⇒P.411800H⇒P.421700Hセミ多段型⇒P.431250Hセミ多段型⇒P.44970H棚付平型⇒P.45ノンデフロストシステムの場合、2つの冷却コイルが交互運転。冷凍機の運転を止めないので、庫内温度が一定に保たれます。通常のデフロスト(霜取)システム冷却運転を止めるので、庫内温度変化による商品劣化・商品ロスが発生。ノンデフロストシステム庫内温度が一定で、商品劣化を抑えます。液冷媒で除霜するので他のエネルギーを一切使用しません。ポイントは「2つの冷却コイルの交互運転」。庫内温度を安定させます。着霜ショーケース冷凍機ショーケース冷凍機冷却コイル冷却コイル運転中停止ショーケースの冷却コイルに霜が付くと冷却能力が落ちます。通常は冷凍機の運転を止め、ヒーターで霜を除去します。ヒーター除霜冷却コイルショーケース冷凍機除霜運転運転中運転ショーケース冷却コイル冷凍機運転中着霜する前に、2つの冷却コイルを交互運転します。除霜冷却運転を止めないので、庫内温度はいつも一定。「ノンデフロストシステムとは」並列に設置された2台の特殊コイルと、各々に接続された電磁弁およびダンパーを、コイルの着霜・除霜状況を感知するマイコンが自動的にコントロール。図Aと図Bの状態を定期的に繰り返すことで、庫内温度を一定に保ちます。ダコダンパー除霜中冷却中図Bコイル2コイル1ダンパーコイル1除霜中冷却中図Aコイル2ダンパー除霜中冷却中図Bコイル2コイル111

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。