Attachment ゴンドラ・壁面什器用アタッチメントカタログ(2018-04) 10-11(12-13)

概要

  1. スチール棚
  2. スチール棚
  3. スチール棚ご使用について
  1. 10
  2. 11

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
10スチール棚▶▶▶▶▶17T棚板重量タイプP.14コーナーR溝付棚P.16SUN棚板中量タイプP.18スライドローラー棚17T棚タイプP.20スライドレール棚17T棚タイプP.22軽量スライドレール棚17T棚タイプP.24軽量スライドレール棚薄棚タイプP.25フェイスライダーP.26SU薄棚12tP.28棚板15tP.30棚板15t/オーバーハング兼用P.31溝付薄R棚12tP.32R棚15t/オーバーハング兼用P.33R棚22t/ストッパー用孔付・切欠付P.34R棚22t/ストッパー用孔無・切欠無P.35R棚30tP.36Rディスプレイ棚P.376mm溝付棚19tP.38フェイスアウト棚P.39LEDプリズム棚P.40
右ページから抽出された内容
11スチール棚ご使用について最大積載質量について棚板の最大積載質量棚板とブラケットの組み合わせブラケットの取り付け最大積載質量は等分布静止荷重です。等分布静止荷重とは、棚板上面全体に等しく、静かに荷重をかけた状態をいいます。したがって表示荷重以下であっても、左右どちらか一方に片寄って荷重をかけたり、衝撃が加わるような載せ方をしますと、棚板・ブラケット・什器本体が変形または破損する場合があります。棚板、またはブラケットに刻印されている数値が、最大積載質量となります。(ブラケットは2倍の数値)棚板とブラケットの最大積載質量が異なる場合は、低い方の数値が最大積載質量となります。注)記載してある最大積載質量はすべて等分布静止荷重です。棚板とブラケットには奥行寸法と最大積載質量が刻印されています。【ブラケットはきちんと取り付けてください】棚板をご自分でセットされる場合、ブラケットが支柱のスリットにしっかりはまっているか確認し、確実に棚板をセットしてください。  注意●ブラケットの爪を支柱のスリットに確実に差し込んでください。不完全な場合は棚板が落下する恐れがあります。●スリット位置を変更する場合には、必ず棚板上の陳列商品と棚板を取り外してから行ってください。【棚板はきちんと取り付けてください】左右のブラケットは、必ずお互いに水平な位置にセットし、棚板は奥まで確実にセットします。棚板とブラケットを組み合わせる際は、それぞれの奥行寸法を同じにしてください。寸法違いを組み合わせると、棚板の脱落によるケガや事故の原因になります。奥行(呼称=450)奥行(呼称=450)〔棚板〕〔ブラケット〕ブラケットの爪をスリットにしっかり差し込んでください。スリットにブラケットが入っていない。左右のブラケットは、必ずお互いに水平な位置にセットします。450D 100KG/PAIR奥行寸法(mm)最大積載質量(kg)奥行寸法(mm)最大積載質量(kg)450D 150KG450D−150KG奥行寸法(mm)最大積載質量(kg)〔棚板〕〔ブラケット〕ブラケットの刻印は2タイプあります。PAIRの刻印があるのは、ブラケット2本での最大積載質量です。PAIRの刻印が無いものは、ブラケット1本での最大積載質量です。※下記条件では、ブラケット荷重性能により、 棚板に載せられる最大積載質量は100kgまでです。棚板最大積載質量:150kgブラケット最大積載質量:100kg荷重まで100kg荷重50kg荷重50kg棚板最大積載質量が150kgでも、ブラケット側が100kgまでしか受けられないので、棚板としての最大積載質量は100kgになります。450D 100KG/PAIR450D 150KGスチール棚スチール棚用ブラケットガラス棚ラタン棚・木棚ワイヤー棚スチール専用棚ストッパー仕切LED棚下照明ハンガーパイプ・バーフックサインその他製品対応一覧表棚板

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。