エデュケーション[教育施設]総合カタログ2018-2019 41-42(42-43)

概要

  1. 初等・中等教育施設
  2. 教室・多目的スペース
  3. 多目的スペース用
  1. 41
  2. 42

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
多目的スペース多目的スペース全般に求められるポイント授業中だけでなく休憩時間も使いたくなる子どもの居場所。リラックス共同作業を通して、自ら学ぶ力を身につける活動スペース。授業の成果や作品を展示して学び合う空間。コミュニケーション情報共有人数や活動内容に合わせて、空間のサイズや家具を選択できる。フレキシブル教科にとらわれずICT端末を気軽に活用することができる。ICT転載不可41多目的な用途を想定した空間は、結局無目的化し、使いにくい空間になってしまいがちです。みんなに活用される空間とするためには、空間の明確な意味づけが重要で、そこから活動が展開し、自由に活用されていくことで生きたワークスペースとなります。初等中等教育施設
右ページから抽出された内容
多目的スペースBアイデアをすぐに書きとめられるボードが、話し合いを活性化。必要な備品を素早く利用できるワゴンタイプ収納。デジタル機器の活用で、表現の可能性が広がります。テーブルを自由に組み合わせて、最適な環境をつくります。多目的スペースAICT身近な場所にICT環境を。パソコンを教室の近くに設置することで、気軽にインターネットを活用した調べ学習の場を提供します。リラックス子どもの居場所を確保する。オープンな空間の中に、閉じられたこもりのエリアを用意することで、子どもたちが休み時間に友達同士で落ち着いて過ごすことができます。転載不可ラソコミュニケーショングループ活動に最適な家具を。テーブルを自由に組み合わせて、グループの人数に合わせた学習環境を素早くつくることができます。アティーボテーブルリブロスクロスメディア閲覧テーブル少人数学習にも使えるような人数分の家具を準備。誰でも座れるよう上下調整できるイスを選定。スクリーンを設置すると視聴覚室としても使えます。委員会や生徒会での話し合いの場としても活用。フレキシブル教室サイズを自在に変える移動間仕切。習熟度別授業や委員会、クラブ活動では、大教室を2つの小教室に分けるのに移動間仕切が活躍します。移動間仕切フレキシブル活動に応じて家具が動かせる。生徒のテーブルは、可動式を選定することで移動やレイアウト変更をスムーズに行うことができます。フィエリーアクト42教室多目的スペース初等中等教育施設

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。