オカムラ ヘルスケア[医療・福祉施設]総合カタログ 2018-2019 21-22(22-23)

概要

  1. コンセプト
  2. メディカルスタッフへのやさしさ
  1. 21
  2. 22

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
病院内でも特にスタッフステーションは、人の出入りが頻繁なため、限られたスペースを最大限に活用しなければならない部署です。オカムラは、個々の病院におけるご要望を詳しく伺い、働く人たちの動線や配置の方向から患者さんのプライバシーに至るまで、緻密に考え抜いたプランを提案させていただきます。さらにこれからの医療空間づくりのキーワードとなる「サスティナビリティ(持続可能性)」も積極的に導入。両面パネルユニットを効果的に活用することで、病院内で将来起こりうる様々なニーズや移り変わる医療環境にもスムーズに対応することができます。様々なご要望に的確に応える空間デザインに「サスティナビリティ(持続可能性)」をプラス。効果的なセキュリティ監視カメラの設置などにより、セキュリティならびに抑止力向上を推進。人・物流の動線を確保スタッフやカートはもちろん、車椅子の往来にも充分なスペースを確保。集中力を高めるドクターコーナードクターエリアは患者さんから見えにくい場所に設置。プライバシー対策データなどが患者さんに見えないように高いパーティションを設置。電源供給用ポート付(天井配線に対応)電子化が進み、電源の確保、配線の処理、ワークスペースの確保にも対応。スタッフステーション準備室メディカルスタッフへのやさしさスタッフステーション空間デザイン例21
右ページから抽出された内容
活用検討スペース薬品庫準備室スタッフステーション相談室手洗いなど感染症対策出入り口に洗面台を設けることにより、院内感染の不安を積極的に払拭。作業効率を高める「リレイト」限られたスペースを有効活用しながら医療スタッフを強力にサポート。院内のサスティナビリティ(持続可能性)へ導く「サスティア」を活用することで、これまで「準備室」として使われていた空間を「薬品庫」と「相談室」に改良。業務効率の向上はもちろん、高いセキュリティも同時に確保することができます。「サスティア」の活用施設の持続可能性を考慮したサスティアで、相談室・薬品庫へと移行。薬品庫相談室最適な仕様に今すぐ移行したい。「サスティア」なら可能です。ForMedicalStaff22

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。