オカムラ ヘルスケア[医療・福祉施設]総合カタログ 2018-2019 437-438(438-439)

概要

  1. [医療]中央診療部門
  2. 検査室
  1. 437
  2. 438

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
業務効率、作業効率に配慮したゾーニングと動線計画によりスタッフ皆さんの働きやすさを追求します。POINT◦空間を効率的に活用したゾーニング計画◦スタッフ、患者さんにとって利用しやすい動線計画◦セキュリティ対策を考慮した設備計画◦作業効率を高めるレイアウトと什器選定一般検査エリア尿・便などを取り扱う一般検査エリアでは、検体搬入のルートが他の検体と出来る限り交差することなく確保されている必要があります。血液検査エリア血液検査エリアは他の検査エリアと比較して、顕微鏡や試験管、スライドガラスなどを検査台上に置いて、さまざまな検査が行われます。そのため、整理・整頓がしやすいよう、作業スペースが十分確保され、スタッフにとって作業しやすいエリアであることが求められます。一般検査エリア生化学検査エリア血液検査エリア採血ルーム採血ルームのエリアは、患者さんが直接いらっしゃるエリアとなります。そのため、利用される方々にとって、分かりやすいサイン計画やプライバシーに配慮したレイアウトなど心地よい空間であることが求められます。また、採血を行うスタッフの作業スペースへの配慮と、検体を検査室に搬送するための効率の良いルートの確保などが求められます。生化学検査エリア生化学検査エリアでは、検体の流れも関係し、検査機器が大型であるため、機器の配置を事前にシミュレーションしながら、作業スペースと動線を十分に考慮したゾーニング計画が求められます。採血ルーム437機能回復訓練室検査室読影室中央診療部門転載不可多様化・複雑化する検査項目確実かつ能率的な検査対応を支えます。医療技術の発達により、ますます多様化・複雑化する検査項目に対応する検査室。検査結果によって、患者さんのその後の治療方針に大きな影響を与えるため、進化する多岐の検査項目に確実に対応することはもちろん、その能率も求められます。見えないところで患者さんを支える検査室。オカムラは、そんな環境づくりをサポートします。検査室
右ページから抽出された内容
システム実験台[リフォルマ]受注生産施工フレキシビリティと機能性を追求し、ユーザーからの幅広い要求に応えるシステム実験台です。天板や棚板の高さを変えることができるだけでなく、パーツの組合せにより、様々なスタイルを実現します。製品の詳しい情報は、こちらのカタログをご参照ください。ラボラトリー総合カタログ転載不可器具や備品の保管に最適なボックススタイル収納ボックスを設置し、実験に使用する器具や備品の保管スペースとして活用。木目パネルを取り付ければ、単調になりがちな研究環境に落ち着いたやわらかなイメージをプラスできます。天板だけをシンプルに広く使用するフラットスタイル天板をできるだけ広く使用したい場合には、ロータイプのフレームと組み合わせることでフラットな実験台となります。配線カバーの使用によりコード類もすっきりと収納できます。天板を広く使用するシェルフスタイル実験台の上部を棚として利用する基本的なスタイル。機器などを棚に設置することで、天板面を広く使うことができます。大型機器を配置するなど天板を使わないスタンドスタイル天板がなくても自立する構造のため、コアフレームと棚だけの構成とすることもできます。床に直置きするような大型機器を実験台に密接する形で配置することができます。L7NZBD-ZA75 ¥1,882,800*ニードルバルブは含みません。L7NZCD-ZA75 ¥753,200L7NZAD-ZA75 ¥1,235,600*ニードルバルブは含みません。L7NZDD-ZA75 ¥866,200*ニードルバルブは含みません。1800W2連1800W2連1800W2連1800W2連438●価格は税抜き価格です。消費税を別途承ります。●価格には配送費・施工費は含まれておりません。別途承ります。機能回復訓練室検査室読影室中央診療部門リフォルマ ■

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。