ラック製品 総合カタログ 2018-2019 7-8(8-9)

概要

  1. 巻頭
  2. 耐震対策
  1. 7
  2. 8

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
連結金具転倒防止1台では転倒しやすいラックを複数台連結することで、安定性が増し、転倒しにくくなります。奥行き(幅の狭い)方向に連結すると、より効果が得られます。連結する転倒防止ラックを床や壁にアンカー固定することで、ズレ防止や転倒防止になります。固定する床固定金具壁固定金具連結金具セット頭つなぎ頭つなぎ背面つなぎ(連結金具セット、間座セット)間座セット固定棚壁固定金具床固定金具一般的な耐震対策として、下記の方法があります。1つだけでなく複数の対策を組み合わせることで、より大きな効果が得られます。耐震対策7
右ページから抽出された内容
落下防止収納物のサイズ、形状、質量、収納方法、出し入れの頻度などに合わせて対策をお選びください。収納物の落下を防ぐ強度UPラック本体にブレースや補強を行なうことで、ラック自身の強度を強くすることができます。移動棚の耐震対策につきましては、各製品ページをご参照ください。補強する後面・側面板後面・側面金網扉落下防止バー(着脱式)タナガード(落下防止ベルト)前・背面板側当り・落下防止板移動棚転倒防止レール両つば付車輪耐震金具上図はモービルラックブレース63型スリックラックP105▶63型デンストールP109▶モービルラックP125▶6H型デンストールEP119▶6H型スリックラックEP113▶※ブレースは特注対応になります。高層タイプ6N型中量棚Introduction8

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。