間仕切・建材製品カタログ Vol.14 50-51(50-51)

概要

  1. 50
  2. 51

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
Safety&Ecology49オカムラでは遮音実験室(社内)における実験を通じて、あらゆる間仕切製品の遮音性能を検証し、製品開発を行っています。さらにカタログ等に掲載しているデータについては、公的機関による性能評価も同時に実施しています。オカムラでは、地震対策の研究を長年続けており、過酷な条件のもとで耐震実験をはじめとする各種実験を行い、地震等が及ぼす危険性を追求し、製品の開発や施工技術に生かしています。試験所:(財)小林理学研究所試験所:(財)建材試験センター試験所:清水建設(株)技術研究所試験所:独立行政法人 都市再生機構    都市住宅技術研究所■実験室における 音響透過損失測定■面内変形試験■耐震性能評価試験遮音耐震遮音性能は、パーティションやスライディングウォールに求められる重要な要素です。より安全な空間づくりのため、厳しい基準で安全性を検証しています。オカムラでは、避難安全検証法などの最新の防火基準に対応したパーティションの研究開発に取り組んでおり、最新のビルにおけるパーティションを利用したレイアウトの可能性を広げました。オカムラグループは、すべての事業活動で経営資源(人・設備・材料・技術)を活用して環境負荷低減活動を実践します。さらに、その成果をステークホルダーの皆様に提供することで「持続可能な社会の構築」に貢献します。認定番号:EB-0337PROVATOAAG防火タイプ認定番号:EB-0340セーフウォールスチールドア防火タイプ認定番号:EB-0570セーフウォールスプレッドAAG防火タイプ■防火設備国土交通大臣認定試験防火環境最新の建築法規に対応するため、ガラスパネルについても防火認定を取得しています。「地球環境の保全」と「循環型社会」の実現は企業が担う責任です。オカムラが推進するGREENWAVEの名称は、「GREEN(環境配慮)のWAVE(波)を自ら起こし、その波に乗る」という、オカムラの環境問題への積極的な取り組み姿勢をあらわしています。当社独自のグリーンウェーブ製品を選定して、環境配慮マークを適応製品に表示しています。
右ページから抽出された内容
50

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。