間仕切・建材製品カタログ Vol.14 8-9(8-9)

概要

  1. 8
  2. 9

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
07ARCHITECTURALPRODUCTSパーティションPartitionパーティションワーカー同士をフラットにつなぐガラス間仕切。スチール、ガラス、クロスといった素材を用いながら、高さや幅などのモジュールをオフィスファニチュアとそろえることで、ワークプレイスの美しさを、機能性を、そして連帯感を高めるパーティションです。フラットにつなぐ。チームをまとめる。オフィスのカラーを磨きあげる、パーティションがある。継ぎ目を感じさせないシステムパーティション。高い遮音性を確保したガラスパネルと酸化皮膜処理のランダムな質感を表現したパネルとのコントラストが格式高いスペースを創出します。プリシードパネル目地センターカバー各色オーダーが可能なフレームには、同色のセンターカバーを合わせられます。細かなドット状の孔をあしらったパンチング加工もセレクトできます。パネル同士を接合する縦目地は0㎜(突付)仕様。ラインが目立たず、同時に高い遮音性を実現します。コーナーは接合方法を見直し、従来にはないシンプルな仕上がりを実現しています。ボトムライン床面および天井と接するラインは、20㎜という低さを実現しながらも、不陸を問題なく吸収することができます。パネルのマテリアルやパターンに関わらず、すっきりした外観を創出します。美しさと機能性。スタイリッシュさと快適性。PRECEDEのフィロソフィーが、細部にまで宿っています。
右ページから抽出された内容
08ARCHITECTURALPRODUCTSパーティションパネルの接合部分、床や天井と接する目地、フレームなどディティールに徹底的にこだわり、独自のカラーで統一することで、いま、洗練されたオフィスが実現します。モジュール、素材感、そしてカラーを家具と統一。パーティションに機能を持たせることで、無駄なく洗練されたオフィスづくりが可能になります。目地ガラス目地ブロックパネルの横目地は4㎜とし、水平ラインを強調。フラットかつシャープな空間を生み出します。新たに採用したジョイント材により、従来の外被せ工法に比べ接合部が目立たなくなり、ガラス面としての平滑性と連続性が高まりました。また、コーキングと比較しても接合幅が削減され、エッジ部にガラス本来の美しい輝きが宿ります。さらに、これまで不可能だったダブルガラスを含め、レイアウト変更時のガラスの再利用も容易になりました。シングルガラスダブルガラス

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。