間仕切・建材製品カタログVol.15 42-43(42-43)

概要

  1. トイレブース製品比較表
  1. 42
  2. 43

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
ToiletBoothトイレブースARCHITECTURALPRODUCTSトイレブース41ウェイブレットプログレウェイブレットプログレUDウェイブレット・リニアード「アークスライド方式」は、戸袋スペースが不要で、ブース幅に対して有効開口幅が大きくとれます。ウェイブレットUDは病院、老健施設などの居室内トイレに最適な省スペースの車いす対応トイレブースです。車いす対応のウェイブレットUDをさらに進化させ、リニアモーター駆動による高い静粛性と操作性を実現したウェイブレット・リニアード。ユニバーサルデザイン対応の人に優しいトイレブースです。MタイプEタイプエッジレスタイプの高級ブース。フロント、コーナーのエッジは高圧メラミン樹脂化粧板をポストフォーム加工、ワンランク上のトイレブースが実現できます。アルミエッジタイプの普及型ウェイブレット。ウェイブレットの基本操作はそのままにシンプルでコストパフォーマンスに優れたトイレブースです。Fタイプ耐水性・耐衝撃性・耐薬品性・耐熱性に優れたフェノール樹脂をパネルに採用。不特定多数の利用がある駅や高速道路のサービスエリアなどに最適です。Uタイプ長期間使用に耐える堅牢性、安全への配慮、コストパフォーマンスにも優れ、手配の簡易化、納期短縮も図り、改装需要に対応したウェイブレットのベーシックモデル。ウェイブレットプログレカタログ専門のカタログがあります。担当者におたずねください。
右ページから抽出された内容
ARCHITECTURALPRODUCTSトイレブース42ウェイブレットプログレは、従来のウェイブレットを改良し、品質・意匠性が向上しました。ドアは利用者をとり巻く動きのアークスライド方式を採用。ウェイブレットプログレなら美しく、機能的な新感覚のトイレづくりを実現します。ドアには、弧を描くように移動しながら開閉する上吊り型のアークスライド方式を採用。ドア開閉の際に、ブース内で体をよける必要がないので、スムーズな出入りが可能です。ドアを閉める時は、ハンドルに手をかけてドアを横にスライドさせます。ドアを閉じたら、レバーを下げてロックします。開錠すると自然にドアが開くので、手を添えてスライドさせます。ドアの開閉は、戸先と戸尻の2箇所に設置した長ハンドルで操作。上端から下端までどこに手を掛けてもドアが簡単にスライドできます。和式と同じスペースで洋式便器にする場合、外開きドアを採用すれば同スペースで設置が可能ですが、ドアを開けた時にブース外の人にドアが接触する可能性があります。ウェイブレットでは、求められる耐久性や清掃の形態に合わせて、レールの種類とパネルの仕様がそれぞれ2種類からお選びいただけます。出入りがスムーズ簡単操作省スペース設計ウェイブレットは、設置場所や用途など、さまざまなシチュエーションに対応できます。レールを傾斜させることで自開するシンプルな構造で、頻繁なドア開閉に耐えられる高耐久タイプ。1/100勾配で、開錠するとドアが開きます。※1.構造上、レールとドアの間に隙間ができます。※2.ランマ塞ぎ、常閉仕様には対応しません。レールとドアパネル間の隙間を見せない、意匠性に優れたレールを採用したスタンダードタイプ。開閉装置(ぜんまいユニット)で開錠するとドアが開きます。開閉操作のしやすい長ハンドルを採用。ドアの開閉スペースから体をよけないと開け閉めができません。一般の内開きドア体を中心にドアがスライドするので、入口正面に立ったままで開け閉めが可能です。ウェイブレットドアが円周上をスライドするので、和式と同じスペースでも洋式便器にあたりません。ウェイブレット内開きドアで洋式便器にすると、従来よりブースの奥行を広げなければなりません。洋式の内開きドア用途別使用耐久回数の目安主な使用場所1日の使用回数年間使用回数(概算)開閉装置ローラー①オフィス、学校、 病院外来、工場50回/日12,500回/年20万回(10年以上)50万回(20年以上)②店舗、病室、 文化施設150回/日50,000回/年20万回(4年)50万回(10年)③交通機関の駅、 空港300回/日100,000回/年20万回(2年)50万回(5年)和式の場合の内開きドアは、便器の上をドアが開閉します。一般の内開きドア入室時退室時132水平レール傾斜レール従来のラジアル軸受ローラーからスラスト軸受ローラーに変えることで走行音を大幅に低減することに成功しました。走行音の低減POINT1ドアを開け切ったときのストッパーに当たる衝撃や反動を抑制し、静かなドアの開閉を実現しました。(Fタイプは除く)開閉時の衝撃・反動を抑制POINT2従来型48dB改良型39dB従来の傾斜レールは、レールとドアの間にすき間がありましたが、すき間をなくしすっきりとしたデザインに改良しました。意匠性の向上POINT3従来型改良型和式と同じスペースで洋式便器が可能に!内開きドアよりも省スペース!ドアをよけることなくスムーズに出入り!【改良ポイント】【従来からの特徴】※開閉装置やローラーは消耗部品です。設置環境により差異が生じることがありますが、上表が交換の目安になります。※ウェイブレットプログレUDのローラー耐久回数の目安は、20万回です。

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。