HOME & STUDY DESK 2020 6(7)

概要

  1. ケーモデル Ⅱ
  1. 6

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
抽出されたテキストデータはありません。
右ページから抽出された内容
学力アップの基本は正しくラクな学習姿勢から家庭での姿勢教育は、子どもの学力向上にも影響します。隂山英男先生監修により傾斜天板を採用したK-MODELⅡは机に向かうだけで、自然と正しい姿勢がとれる学習机です。傾斜天板で自然と正しい姿勢に学習効率が上がる透明トレー横長のデスクで集中力アップ引き出しに乱雑に収納しがちな教材も、透明トレーを使えば、中身が見えて整理整頓もラクラク。机の上にサッと置いて、教科ごとに準備・片付けができるため、教科の切り替えもスピーディーに。効率よく学習時間を区切ることが可能です。学習は、時間の長さではなく、短時間でいかに集中できるかが大切。横長スタイルのデスクなら、必要なものだけ机に広げることができ、いま必要のないものは置けないため、集中力が散漫にならず、目の前の学習にしっかり取り組むことができるのです。姿勢は強制的に教え込むのではなく、毎日の習慣から自然と身に付くことが大切です。学習時に猫背になりがちな子どもの姿勢を正しく導いてくれるのが傾斜天板です。無理のない正しい姿勢をとることで脳へ酸素が行き渡り、学習意欲も高まります。010203age6-7小学校低学年の時から傾斜天板を使用し、正しい姿勢で学習。この姿勢が後の子どもの成長にも良い影響を与えます。首の角度(平均値)10°改善イスの中心と頭の距離(平均値)6cm改善傾斜天板なし:11cm傾斜天板あり:5cm傾斜天板なし55°11cm傾斜天板あり65°5cmチェアP31隂山先生の運営する塾「隂山式スコーラ」にて、傾斜天板の有無が姿勢に及ぼす影響を調査した結果、傾斜天板を使用することで上体が平均10°起き上がり、頭部の位置が身体の中心に6cm近づくことが確認されました。机に向かって座った際、背骨が自然なカーブを描き、首や腹部への負担もかかりにくくなっています。隂山式スコーラでの授業の様子。[傾斜天板と姿勢の関係]子どもにうれしい3つの特長010203傾斜天板で自然と正しい姿勢に学習効率が上がる透明トレー横長のデスクで集中力アップ[ ケーモデルⅡ ]ライトビーチWE86ライト別売りP33参照F☆☆☆同等低ホルム材使用●価格は税抜価格です。消費税を別途承ります。1112[K-MODELⅡ]

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。