HOME & STUDY DESK 2020 7(8)

概要

  1. ケーモデル Ⅱ
  1. 7

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
抽出されたテキストデータはありません。
右ページから抽出された内容
サイドシェルフの上段は、文房具や小物の整理に便利な仕切り付き。スライドレールを採用しているため開閉もスムーズです。中段・下段の大きな引き出しはA4版を縦置き収納可能。デスク周りが散らからず、天板を広く有効に使えます。文房具をきれいに整頓机がスッキリ広く使える上棚がなく奥行きが短いから、開放的で明るい学習空間が実現。いま勉強している内容以外、視界に入らず、学習への集中力が高まります。また、学習用具を奥ではなく横に並べることができるため、必要な物に手が届きやすくなるのも特長です。手が届きやすく集中できる横長天板デスクにセットされている傾斜天板は、好ましい学習姿勢をサポート。パソコンやタブレットなど電子機器を使用した学習にもぴったりです。傾斜天板はスムーズに左右にスライドさせることができ、使わないときは取り外すことも可能です。スムーズにスライドする傾斜天板がデスクに付属K-MODELⅡは子どもの姿勢や行動を考えて設計された多彩なラインナップで、学力向上をサポートします机周りが散らかってしまったり、必要なものをすぐ取り出せなかったりすると集中力は半減。K-MODELⅡは、子どもをより質の高い学習へと導くために、ストレスフリーで機能性の高いラインナップをご用意しています。小学生のときはランドセルを収納、大人になったらプリンターを設置するなど、長く愛用できるマルチラック。可動式の棚板や仕切り板に加え、A4サイズの透明トレーが4つ付属します。キャスター付きで移動もラクラク。サイドのフックも重宝します。ランドセルや学習ツールを何でも収納できるマルチラック鍵盤ハーモニカや縦笛など、長さのある道具の収納に便利です。教科ごとに整理できる透明トレー4個付き。収納する高さによって棚板の位置を調整できる可動棚。中学生〜高校生大人age11-12高学年は、学習ツールが増える一方、より勉強に集中できる環境が求められます。効率よく収納・取り出しのできるシェルフやラックをアレンジすることで、毎日の学習が捗ります。02010403まんなか学習指導要領から「姿勢」の項目はなくなり、学校では行われていません。「姿勢教育」は家庭の役割です。悪い姿勢は、お子様の成長の妨げになるだけでなく、集中力の欠如など、学習への影響も少なくありません。正しい姿勢をとることで、脳にきちんと酸素を届けます。そのためにも、保護者の方が正しい姿勢を理解し、お子様に、小さいころから正しい姿勢を意識づけさせることが大切です。正しい姿勢は、学習の際にリラックスし集中でき、勉強の効率もあがります。傾斜天板は、前かがみになりがちなお子様の姿勢を抑制し、正しい姿勢を身に付ける助けになります。お子様の成長に合わせて、調整できる椅子は重要です。体格に合わせて、定期的に座面の高さや奥行を調整してあげましょう。自分のお気に入りの場所があると、お子様は自然に机に向かうという学習習慣ができます。勉強中に気が散らないように、学習専用の机を用意することをお勧めします。おへそ姿勢の知識保護者の皆様へよいしせいでいよう体は、頭・胸・おしり・手と足がつながっています。正しく力を入れないと、体はグニャグニャで悪い姿勢になってしまいます。前かがみの姿勢は、胸やお腹が苦しくなり、きちんと息ができません。頭の中には、考えたり、覚えたりするための脳があります。脳の栄養は、きれいな空気です。姿勢が悪いと、栄養が届きません。悪い姿勢のままでいると、背骨が曲がってしまいます。いつもよい姿勢でいることは大事です。あしがブラブラしないように、あしのうらを「ピタッ」とゆかにつけよう。2.せなかを「ピタッ」といすにつけよう。からだがグラグラしなくなるよ。1.つくえにあたまがちかすぎないように、せなかをのばそう。3.すわったときあたまのうしろ、せなか、おしり、かかとがかべに「ピタッ」といっちょくせん。たったとき勉強のできる子にするためには、小さいころに学習習慣を。MESSAGEいつもピタッピタッピタッピタッピタッピタッお子様がよい姿勢をとれるように、椅子を調整してください。デスク付属のマットには、つねに姿勢や手の置き方を意識できるよう、隂山先生のアドバイス付き。チェアP311314[K-MODELⅡ]

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。