オフィス総合カタログ 2020 631-632(632-633)

概要

  1. 収納システム・セキュリティ収納
  2. モバイル収納シリーズ
  1. 631
  2. 632

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
パソコンと書類の収納エリアが分かれているため、書類をワイド方向いっぱいに収めることができます。また可動棚の活用により、使い方を自分好みに変えることができます。パソコンを立てて収納することで、庫内寸法のコンパクト化を実現しています。1台で多くの人数のロッカーを用意できます。特に3列タイプは、縦置きトレータイプのみの特徴です。面を構成する要素を極力省き、空間との調和性を高めました。上段はメールトレー、下段はA4ヨコのファイルボックスを収納できます。棚板は固定されています。収納量と可変性を重視!A4二段を収納できるタイプもスペース効率重視!1050Hで最大9人、1750Hで最大15人鍵穴のみのフラットデザインで木目を強調縦置きトレータイプ(コンパクトタイプ)縦型ポスト扉裏ポストポストなし可動棚タイプ(大容量タイプ)扉裏ポスト平置きポストポストなし木目扉タイプ平置きポストPCトレー収納可能最大サイズ:380W×271H×27D書類収納部A4サイズの書類をタテでもヨコでも収納できます。小物入れ(オプション)名刺やハンコなどの小さな荷物も効率的に収納できます。モバイルバッグ(オプション)(2列タイプ収納例)(庫内イメージ)(庫内イメージ)2列タイプの収納例20fm以下20fm超よく使う書類の量はわずか0.2fm下記のアイテムはA4ヨコで2段の収納が可能です。2列1段(1050H)2列2段(1190H)2列3段(1750H・シェルフなし)約70%のワーカーが「1か月以内に使用した保管文書は0.2fm以下」と回答しています※。3列タイプでも収納できる、わずかな文書量です。資料の電子化・共有化によって、個人収納はより省スペースで済むようになっています。※自社調べ。fm(ファイルメーター)は書類を積み上げた時の厚みを表す単位。0.2fmは書類の厚み0.2メートル(20cm)と同義。ラインナップ本体×ポスト×鍵の組み合わせで、働き方に適したロッカーをお選びください。モバイル収納シリーズ施工■1本体注意:ファイルボックスはメーカーによりサイズが異なりますのでご注意ください。写真内のファイルボックスのサイズは90W×317D×243Hです。■1本体リクエストタイプロッカーの数をなるべく多くを確保したい縦置きトレータイプ収納量をできるだけ大きくしたい可動棚タイプ木目で格好良く装いたい木目扉タイプ■2ポストリクエストタイプ高いところも投函しやすくしてほしい縦型ポスト収納量をできるだけ大きくしたい扉裏ポスト厚手の郵便物にも対応したい平置きポストポストは必要ないポストなし■3鍵リクエストタイプ使い方がわかりやすいものがいいシリンダー錠運用が簡単なものがいいダイヤル錠必ず施錠するようにしたいプッシュ錠社員証など既存のカードを鍵にしたいICカード錠××3列タイプの収納例庫内を最大限活用できる!郵便物を扉裏にまとめることができるので、庫内を無駄なく広く活用できます。高いところでも投入しやすい!小柄な方でも手を伸ばせば高い位置のポストに投函できます。郵便物はトレーに立てて収納されます。縦型ポスト扉裏ポスト厚手の郵便物も入れやすい!大きめの投函口とトレーにより、厚手や異形の郵便物も投函しやすくなっています。平置きポスト■2ポスト631グリーン購入法基準適合製品掲載モバイル収納シリーズ12収納システム・セキュリティ収納
右ページから抽出された内容
モバイル収納シリーズ電源コンセントなし配線孔を利用して電源タップの引き込みが可能です。電源コンセント付1庫につき2口、2口合計200W(2A)まで使用可能です。荷物の一時置き場として利用できます。また配線孔を用いて電源を引き込むことで、デジタルサイネージやタイムレコーダーなどの機器を設置することも可能です。中段シェルフ共用収納共用スペースとしてシェフルやラテラルを設けることで、機能性や利便性を高めることができます。収納物が手前に出てくるので、下段でも出し入れが楽になります。また鍵をかけて管理することができます。下段ラテラル上段と下段を共用収納として活用することで、ロッカーの割り当てによる不公平感を軽減します。上段・下段シェルフシリンダー錠 鍵の上下がない両刃キー。開閉状態が一目でわかるインジケーター付き。内筒交換で鍵番号の変更が可能です。ダイヤル錠鍵管理の手間が省けるタイプ。ワンタイム方式と連続方式の切替えが可能です。プッシュ錠 オートロック式のため鍵のかけ忘れを防止。解錠と同時に暗証番号がリセットされるため、盗み見を防ぎます。ICカード錠お手持ちのICカードを鍵として登録可能。電池式で、管理用PCも不要です。※鍵タイプについて詳しくは、582頁をご確認ください■3鍵タイプPCや携帯電話、タブレットPCなどのモバイル機器を充電することができます。また電源コンセントの有無にかかわらず配線孔があり、電源タップを庫内に引き込むことも可能です。充電機能[設置上の注意]電源コンセント付のロッカーを設置する際は、ベース内に所定の口数の電源コンセントをご用意ください。1口(1回路)当たりの消費電力は最大1200Wです。床がOAフロアでない場合など、床下から直接ベース内に電源を引き込めない場合は、床上から電源を引き込むことができる配線ベースを手配してください。電源コンセントなしで配線孔から電源タップを各庫内に引き込む場合も同様です。電源コンセントのコードは庫内に露出しません。ただし、中段シェルフ付かつ電源コンセント付に限り、下段ロッカー庫内に電源コードが露出します。※電源コンセント付は中段シェルフ用配線カバーが標準で付属します。レクトラインとモバイル収納シリーズの連設方法レクトラインとモバイル収納シリーズはベースの高さが異なります。よってそれぞれの1050H収納を横並びにする場合は、下記いずれかの方法で高さ調節を行ってください。<ベースが交換できる場合>モバイル収納シリーズにレクトラインのベース(50H)を使用する。逆の方法でも可。<ベースが交換できない場合>レクトラインに25Hの高さ調節用天板を設置し、モバイル収納シリーズに15Hの天板を設置する。レクトラインモバイル収納シリーズ10501100501125レクトライン25H天板モバイル収納シリーズ11001100605015H天板<電源コンセント付き3列タイプの配線例>タイプベース内に必要な電源口数縦置きトレータイプ木目扉タイプ2列タイプ2口3列タイプ3口2列タイプ+中段シェルフ4口3列タイプ+中段シェルフ6口可動棚タイプ2~6人用1口6人用+中段シェルフ2口8人用2口レクトライン用シングルベース4B92ZZ-Z□□900W×450D×50H15H天板4B11AZ-M□□□900W×450D×15Hモバイル収納シリーズ用シングルベース4Z92ZZ-Z□□900W×450D×60H25H高さ調節用天板4B11DZ-M□□□900W×450D×25H●価格は税抜き価格です。消費税を別途承ります。●価格には配送費、施工費は含まれておりません。別途申し受けます。グリーン購入法基準適合製品掲載632モバイル収納シリーズ12収納システム・セキュリティ収納

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。