オフィス総合カタログ 2020 703-704(704-705)

概要

  1. DX・ICTソリューション
  2. ルームビズ for グループウェア
  3. DX・ICTソリューション
  4. オフィスナビ ルームビズ
  1. 703
  2. 704

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
施工受注生産[ルームビズforグループウェア]グループウェアとの連携により、会議室の運用がより便利で効率的に。会議室前に設置したルームモニターで会議室の利用状況が一目でわかります。空いている部屋をその場で予約したり、状況に応じて延長や早めの終了もその場でできます。会議は中止になったり延期になったりすることもしばしば、予約されたまま使用されない状況が発生することがあります。ルームビズforグループウェアを使用すれば、予約時間を過ぎて*も使われない会議室の予約が自動でキャンセルされ、有効活用が可能になります。*設定した任意の時間スマートフォンやタブレット等の手元の端末からグループウェアを通して会議室予約を行うことが出来ます。「入室申請」で空予約を防止状況に応じて会議の延長・終了が可能会議前にルーム/フロアモニターを使って「入室申請」しないと、自動的に予約がキャンセルされるので、「空予約」を防止します。予定どおりに会議が終わらない場合でも、その場で会議時間の延長・終了が可能です。また、早期に会議終了すれば、その分他の人が会議室を利用する機会が生まれます。空いていれば、その場で予約急な会議の時には、ルームモニターを使ってその場で予約ができます。予約が決まっているときは、個人のPCやタブレット、スマートフォンのグループウェア(OutlookやGoogleカレンダー)で予約します。今すぐ予約入室申請会議延長/会議終了もちろんルームモニターによるその場での予約も可能です。「入室申請」にはキーワードの入力が必要です。なりすまし操作を防ぎます。どのくらい延長が可能かどうかも一目でわかります。※「MicrosoftOffice365Ⓡ」および「MicrosoftExchangeⓇ」 「GSuite」との連携に対応。※導入の際には、事前検証が必要です。MicrosoftOffice365®、MicrosoftExchange®Onlineは、米国MicrosoftCorporationの、米国およびその他の国における商標登録または商標です。GSuiteは、GoogleInc.の商標です。GSuiteとの連携個人PCPC・タブレット等SMBプロトコル(IPアドレス指定)HTTPS通信(予約情報)ログ、モジュールRoomVizの管理GSuiteの利用会議室前での予約確認・登録管理ツールブラウザ等RoomVizルームモニターハードウェアお客様が既存でご使用のパソコン(Windows®)ソフトウェアルームモニター用管理者ツール(Windows®アプリケーション)ハードウェアお客様が既存でご使用の端末(パソコン・タブレット等)ソフトウェアGoogleカレンダー(ブラウザアクセス)ハードウェアルームモニター用タブレット端末(Windows®)ソフトウェアルームモニター専用アプリケーション(Windows®アプリケーション)使用開始延長終了入室申請自動キャンセルHTTPS通信(予約情報)予約延長終了ルームモニターMicrosoftOffice365®、MicrosoftExchange®との連携個人PCPC・タブレット等SMBプロトコル(IPアドレス指定)HTTPS通信(予約情報)ログ、モジュールRoomVizの管理MicrosoftOffice365®会議室前での予約確認・登録管理ツールブラウザ・OutlookRoomVizルームモニターハードウェアお客様が既存でご使用のパソコン(Windows®)ソフトウェアルームモニター用管理者ツール(Windows®)ハードウェアお客様が既存でご使用の端末(パソコン・タブレット等)ソフトウェア任意でのExchange®Online使用環境MicrosoftOutlook®/WebサイトからのOutlook®利用ハードウェアルームモニター用タブレット端末(Windows®)ソフトウェアルームモニター用管理者ツール(Windows®)使用開始延長終了入室申請自動キャンセルHTTPS通信(予約情報)予約延長終了ルームモニタールームビズforグループウェア703ルームビズforグループウェア18DX・ICTソリューション
右ページから抽出された内容
便利な機能システム構成簡単な操作で「予約」から「入室〜延長/退室」まで。「会議室」の利用状況を見える化。空いていれば、その場で予約「入室申請」で空予約を防止急な会議の時には、ルーム/フロアモニターを使ってその場で予約ができます。先々の会議はルームポータルで予約します。会議前にルーム/フロアモニターを使って「入室申請」しないと自動的に予約がキャンセルされます。「空予約」を確実に防止します。会議室を手軽に利用できるようになり、稼働率も高まります。「入室申請」にはキーワードの入力が必要です。なりすまし操作を防ぎます。分析レポート項目(一部)1.全体稼働率2.会議室別稼働率3.平均予約時間4.空予約率5.今すぐ予約率6.会議室別平均参加人数7.会議目的分布8.空予約一覧今すぐ予約     (ルーム/フロアモニター)入室申請     (ルーム/フロアモニター)システム管理者は、会議室の利用状況をまとめた「分析レポート」を閲覧することができます。(ルームポータル管理メニュー)ルームビズは、サーバーを中心としたBasicSystemとルーム/フロアモニターを中心としたMonitorSystemから構成されています。[オフィスナビルームビズ]施工受注生産会議の時間が集中して予約できない、予約時間が守られない、空予約が多い等、会議室は様々な問題を抱えています。ルームビズはそれらの問題を〈カンタン・便利な予約システム〉と〈利用状況の見える化〉で解決し、会議室運用の改善と効率化を実現します。OfficeNaviROOMViz.につきましては、専門のカタログがございます。※外観・システムの仕様は予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。フロアモニタールームモニタールームポータル(個人PC)新規予約や予告内容の変更、利用状況の確認などを行うためのアプリケーションです。複数の会議室を一括管理する大型タッチパネルモニターです。ルームモニターと同様の操作が行えます。会議室の前に設置するタッチパネルモニターです。入室申請や新規予約をその場で行えます。手配コード:IBRVKJ仮予約機能遠隔監視機能アナウンス機能(オプション)「予約忘れ」を防止する機能です。一定期間以上先の予約は仮予約となります。期限までに本予約に切り替えないと、予約は自動で気にキャンセルされます。ルーム/フロアモニターの稼働状況をルームポータル上で確認することができます。不具合発生時にはメールで通知し、迅速な対応を促します。会議時間の経過を音声でアナウンスする機能です。会議の適切な進行を支援するとともに、超過利用の制限を図ります。オフィスナビ ルームビズ704オフィスナビ ルームビズ18DX・ICTソリューション

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。