エデュケーション[教育施設]総合カタログ2020-2021 177-178(178-179)

概要

  1. 高等教育施設
  2. アクティブラーニング
  1. 177
  2. 178

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
テーブル付チェア【上のレイアウト】個人それぞれが対面した方向を向いて、自由にディスカッションができます。【下のレイアウト】発表者を囲むレイアウトにすれば、人数の増減にも対応できるため、他クラスと合同の発表会にも適します。クリールディスカッションに使用するホワイトボードは、簡単に移動できるキャスター付タイプがおすすめです。スタンドボードアクティブラーニング複雑化・複合化する多様な変化に富む社会の中で、決まった手続きが存在しない応用的課題に柔軟かつ確実に対処できる人材育成の重要性が増しています。そのためには、学生が中心となり、仲間や教員と相互にコミュニケーションを図りながら課題を解決していく学習プロセスが重要です。このような学習を行うアクティブラーニングでは、可動デスクやチェア、ICTを活用し、フレキシブルな学習を展開します。協力しながら課題を解決する、アクティブラーニング177●アクティブラーニングのポイント177●納入事例178●ビジュアルインデックス179■アクティブラーニング教室■クレイドル181■クレイドルテーブル連結タイプ183■サリトロ185■e-チェア187■パート191■クリール194■ルナ197■93J1198■スタフィットⅡ199■スタフィット201■アクティアフィット203■ピーノ205■スタンドポジションテーブル207■ハイポジションスツール207■アティーボチェア(パッド付き)207■レジップ208■フィエリーⅡ209■フィエリーアクト210■アクティアフェロー211■アクティアアルト219■クレボ221■アクティブラーニングツール223■サポートツール■アルトトークシリーズ224■モニタースタンド225■モニターラック226■カレフォルン226■マルチワゴン226プロジェクトの期間が短くフェーズの行き来の多い授業に最適です。テーブルとチェアが一体となっているためよりスムーズに、スピーディにフェーズの変化に対応します。
右ページから抽出された内容
グループテーブル納入事例パーソナルテーブル【右のレイアウト】意見の収束からまとめ作業へと自由にレイアウトを変化させながら作業できます。テーブルと一緒に動かしやすいキャスター付きチェアがおすすめです。フィエリーアクト【左のレイアウト】パーソナルなレイアウトは話に集中し、個人でしっかり考えるのに適しています。パート【右のレイアウト】アウトプットの形や表現する媒体によってテーブルの使い方も変わってきますが、全員で取り組みやすいことが大切です。アクティアフェローモニタースタンド【左のレイアウト】テーブルの組み合わせや座る位置によって、互いに話しやすい向きや距離を調節しながら、活発な話合いを展開できます。ホワイトボードだけでなく、モニターの活用も効果的です。高等教育施設アクティブラーニング178プロジェクトの期間が中長期で紙を使ったり十分な天板スペースを必要とする授業に最適です。キャスター付のテーブルや組み替えしやすい天板形状でフェーズの変化にスムーズに対応します。グループ作業を中心に行う授業に最適です。天板面積が広く、グループで成果物をつくる作業に適しています。キャスター付で、グループの人数に合わせて組み替えしやすい天板形状のテーブルがおすすめです。

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。