Lives[ライブス]プロダクトブック 20-21(20-21)

概要

  1. Lives Shelf [ライブス シェルフ]/Lives Counter [ライブス カウンター]
  1. 20
  2. 21

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
飾り棚として使えながら、モニターやコートハンガーなどを組み合わせることが出来る、使い勝手が幅広いシェルフです。フレームと棚板の構造を見直すことで、さらにシンプルなデザインへと進化しました。空間をさりげなく仕切るだけでなく、パネルを組み合わせることで、はたらく人の視界をコントロールすることも可能です。しまえて、仕切れて、語らえるShelfLivesパネルで視線をコントロールバックパネルは1段ごとに取り付け可能となっており、通路やカフェエリアの仕切として視線調整に活用できます。「立ち会議」で生産性向上オカムラでは自社オフィスに立ち会議室を設置し、「立ち会議」の効果を検証。「身近な雰囲気になり話しやすい」「会話が増えた・活発になった」など好意的な意見が多く得られています。「立ち会議」による効果出典:株式会社オカムラ19
右ページから抽出された内容
アイランドキッチンのような構造のカウンターです。飲食スペースは気軽に人が集まるため自然と会話が生まれます。また、電源もあるのでパソコン作業ができるのもうれしいところ。コーヒーを淹れやすい高さのキャビネットと、座り作業ができるハイカウンターの組み合わせが、使いやすさを生みました。高さ違いで、勝手が良いCounterLives多機能キャビネットカトラリートレー付の引き出しや、飲料水や防災用品を備蓄できるスペースを確保しているので、細かいものから大きなものまで整理整頓できます。出会って生まれるコミュニケーション40秒以上滞在すると、会話が発生する確率が高くなります。出典:株式会社オカムラ・早稲田大学共同研究カフェでの会話発生の有無20

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。