ラボラトリー[研究施設]総合カタログ 2020-2021 149-150(150-151)

概要

  1. 実験台
  2. PISTE BENCH[ピスト ベンチ]
  1. 149
  2. 150

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
配線・配管ルートユーティリティーの配線・配管はコアユニットに集約しています。すっきりと収めることができるだけでなく、テーマに合わせてアドオンユニットを組替える場合もユーティリティーの改修工事が不要です。ユーティリティービーム電源コンセントだけでなく、特殊ガス類にも対応し、用途に応じてカスタマイズすることができます。ファンクションレールユーティリティービームに付属のファンクションレールにボードやホルダーを設置することができます。棚板・落下防止バー棚板や落下防止バーは25mmピッチで高さを設定することができます。また曲線形状のデザインは研究空間にやわらかな印象をあたえます。■コアユニット研究空間を自由にカスタマイズユニットやパーツを自由に組合せることで、テーマに合わせた研究空間をカスタマイズすることができます。またテーマの変更による組替えにも柔軟に対応できます。SX一覧ピストポプラリフォルマフリーウェイウェットラボプラティコ周辺共通オプションリベルテフリーウェイドライラボボランチ実験台149新製品
右ページから抽出された内容
コミュニケーションの促進エンドテーブルやソファユニットを設置し、コミュニケーションを促進する場をつくることで、働き方を変化させ、あらたな「気づき」をあたえます。足抜けのよい下肢空間ラボワーカーの動きにも配慮したデザインで、ここちよい研究空間を創出します。■アドオンユニットオープンユニット大型機器などを設置できるオープンスペースをつくるユニットです。機器類が通路にはみ出すことがないため、十分な動線を確保することができます。スチール天板(固定実験台・昇降実験台)酸・アルカリ・有機溶剤など幅広い薬品に対応する耐薬品性にすぐれた表面材を採用しています。また基材をスチール化することで、高強度で耐腐食性・難燃性の高い天板を実現しています。昇降実験台天板高さを任意に設定できる昇降タイプの実験台で、一人ひとりにあわせた最適な姿勢で作業することができます。最大積載質量にあわせてType60とType250を選ぶことができます。Type60には昇降動作中に障害物などと干渉すると、動作を停止し、回避動作をおこなうセーフティリバース機能を標準装備しています。ソファユニットゆったりとしたソファでリラックスできる個人作業スペースやコミュニケーションスペースをつくるユニットです。からだにあった背座形状で快適な座り心地を追求しています。固定実験台天板高さが固定の標準的な実験台です。書類などを収納できる引出しが付属しています。下肢空間は座り作業に対応し、機器やワゴンなどの設置スペースとしても活用することができます。最大積載質量150kg(等分布荷重)最大積載質量60kg(等分布荷重)天板高さ650~1250mm天板高さ600~950mm最大積載質量250kg(等分布荷重)コントロールパネルレバーに手をかけるだけで簡単に操作できます。昇降操作のみができるインジケータ無タイプと高さ表示や好みの高さを記憶するメモリ機能がついたインジケータ付タイプをお選びいただけます。SX一覧ピストポプラリフォルマフリーウェイウェットラボプラティコ周辺共通オプションリベルテフリーウェイドライラボボランチ実験台150新製品ピスト ■

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。