オフィス総合カタログ 2021 591-592(592-593)

概要

  1. 国産木材利用家具
  1. 591
  2. 592

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
11国産材活用家具ワークエリア※50音・英数字順アドバンスアプションフリー2インターアクトNTエレガスタユニットタイプグレースラインスイフトハギフラプターモイストライブスカフェチェアライブスミーティングテーブルライブスシェルフライブスワークテーブルラティオⅡレクトラインL435RBカウンターS-30SEカウンター593593595594596593598595598595594596594594596598597597597オカムラは森林の再生・健全化のために木材を積極的に活用し、それらの製品を用いた空間をお客様に提案してまいります。3つのこだわり〜できるだけ反らない・できるだけ割れない〜乾燥技術反り止め高硬度塗装反り割れキズは当たり前だとされていたスギやヒノキ等の針葉樹材をオフィス家具として快適に使っていただくためのオカムラの3つのこだわりです。高度な乾燥技術により材の1本1本にいたる徹底した含水率管理と新しく構築した乾燥技術を融合させ、スタンダードな素材とご指定の地域材を反りや割れのリスクが極めて低い安定した木材にして使用しています。針葉樹無垢板用に開発した反り止め金具により材の伸縮に追従しながら板全体の反りを抑えます。【特許出願中】針葉樹用に開発された専用塗料は木材の表層を硬質化して耐衝撃性を高めると共に、表面硬度も高めて打痕やキズをつきにくくしています。さらに新型UV塗料の採用によって量産性と性能の安定を図っています。591
右ページから抽出された内容
オカムラの国産材活用家具300光の波長(ナノ・メートル)木材(スギ)コンクリートアルミニウム020406080100400500600700800分光反射率︵%︶紫外線0204060182022242628303202040601820222426283032020経過時間(分)室温22度室温18度40601820222426283032皮膚温度︵℃︶木材(ナラ)コンクリートビニールタイル1200255075100120120120120湿度︵%︶木材(合板)時刻(時)ビニールシート百葉箱-20-06-03030951001053060900時間(秒)収縮期血圧(自律神経活動)脳血流量(中枢神経活動)血圧︵%︶ヘモグロビン濃度︵μM︶スギの香り快適で健康的な空間室内の湿度を50%付近に保つことで、ウイルスやカビなどの繁殖を抑えることができると言われています。木は周辺環境にあわせて、湿度が高い時は湿気を吸収し、低い時は放出する、「呼吸する」素材。木材を内装にたくさん使うことで、室内の湿度の急激な変動を和らげ、健康を保つための湿度調整もしやすくなります。熱を伝えにくく、温かさを保つ無数の細胞からなる木材。そのひとつひとつが熱を伝えにくい空気を含むため、断熱性があります。火気にさらされてたとえ発火しても、表面のみが炭化し、そこから先には進展しにくい素材です。また一度温まれば冷めにくく、保温性があるので、寒い冬でも快適に使うことができます。安心で柔らかい光木材は日光を拡散して、柔らかく空間に取り込みます。これは私たちの目に有害な紫外線や青色光などを、木材がよく吸収するためです。木材が反射する光にはほとんど紫外線が含まれないため、目に与える刺激も小さくなります。リラックスできる木の香り森の中にいるとリラックスできます。心拍の変動を測定したところ、森林では、心拍数を上げ、ストレスの高い時に高まる「交感神経活動」が抑制され、心拍数を下げ、リラックスした時に高まる「副交感神経活動」が活発になることがわかりました。同様に木の香りには、脳活動と血圧を抑え、リラックスした状態をつくり出す効果があります。[木材(スギ)の香りに対する生理応答][内装の違いによる住宅内の湿度変化][床材の違いによる足の甲の温度変化][建材による光の反射率の違い]出典:恒次祐子・森川岳・宮崎良文「木材工業」2005出典:山本孝ほか「木材工業」1967出典:「木を生かす」(財)日本木材備蓄機構天然素材ゆえのぬくもりと個性スチールや樹脂などによる工業製品とは異なり、木の家具は、1点1点、木目や模様、色味などに個性があり、表情が異なります。同じ型番商品であっても性質が均一ではありませんが、一期一会の出会いだからこそ、愛着を持って付き合っていけます。経年変化による味わい木は使えば使うほど味わいの出る素材です。空気や日光などによる自然な変色が起こり、使用環境によっては水や油などが浸透したり、日焼けによって一部だけ色が変化することがあります。しかしそれも、見方によっては木の味わいといえます。傷がついたり割れたりしても、表面の仕上げによっては補修が可能で、長く使うことができます。木を使いたくなる6つの特性出典:則元京ほか「木材研究資料NO.11」1977参考:林野庁Webサイト「木材は人にやさしい」http://www.rinya.maff.go.jp/j/riyou/kidukai/con_2_2.html592オカムラの国産材活用家具11国産材活用家具

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。