オフィス総合カタログ 2021 169-170(170-171)

概要

  1. オフィスデスク
  2. リーガス
  1. 169
  2. 170

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
転載不可Swiftフラッグシップデスク[リーガス]■デスクデスクの天板を傾斜させることで、ノートPC作業や筆記作業など、それぞれのシーンで最適な姿勢にアジャストします。デスクの高さを変えることで、座り姿勢から立ち姿勢まで、作業内容に合わせた幅広い姿勢を実現。効率的かつ健康的な働き方を促進します。メイン天板を傾斜させているときにも、筆記用具やカップなどを手元に置くことができます。書類を脇に重ねて置くこともできるため、メイン天板はいつでもスッキリ。天板傾斜を邪魔しません。天板角度調整(0〜15°)上下昇降(670〜1250mm)水平天板ラインナップリーガスにつきましては、専門のカタログがあります。L型水平天板タイプ(1200W・1400W)U型水平天板タイプ(1600W・1800W)ルーフパネル仕様(1200W・1400W)さあ、前を向いて働こう。ノートPCを使うときや、ものを書くときにうつむきがちになり、首や肩が疲れていませんか?天板を傾斜することで、目線が上がり疲れにくい姿勢を支えます。時々立って働くことで、身体への好ましい影響や働くリズムもうみだします。新製品施工特徴Webに製品情報がございますhttps://www.okamura.co.jp/catalog/links/sougou2021_004/WEBNAVIColorSimulationお好みのカラーをご確認いただけますコンセプト動画製品のコンセプト動画をご確認いただけます169リーガス03オフィスデスク
右ページから抽出された内容
傾斜のほうが見やすいキーボード・入力作業(ノートPC)67%傾斜のほうが見やすいペン・入力作業(タブレットPC)82%天板を傾斜することで、画面の位置と目線の高さが合うようになり、画面が見やすくなります。姿勢が安定することで、キーボードを入力やタブレットを使ったペン入力作業などの操作もスムーズになります。作業内容に応じて最適な姿勢をとることで、身体への負担が少なく快適に作業することができます。時間や場所を自由に選びながら働くABWなど、多様な働き方にも適したデスクです。在宅ワークでも、より活動的に働くことができます。定期的に立ち姿勢を取り入れることで気分転換ができ、健康的に働くことができます。傾斜を生かした最適な姿勢で、より健康的に、より深い集中をノートPCやタブレットPCを使う際にデスクの天板を傾斜することで、働く人にとってメリットが生まれます。天板を傾斜することにより、上半身が自然と立つことで楽な姿勢になり、好ましい姿勢を維持しやすくなります。「首の負担が少なくなる。」、「自然と椅子に背を預けた姿勢になり楽。」などの声がありました。ノートPCでは約7割が、タブレットPCでは約8割が画面が見やすく操作がしやすいと回答しています。(オカムラ調べ N=51)https://www.okamura.co.jp/ergonomics/posture/ https://www.okamura.co.jp/ergonomics/standing/ThePostureはたらく姿勢を考える立ち姿勢を取り入れた新しい働き方+Standing[プラススタンディング]限られたスペースの中でも多様な姿勢に対応できるため、長時間の集中作業にも適しています。天板を傾斜させることで、自分の働きやすい姿勢で効率的に働くことができます。●価格は税抜き価格です。消費税を別途承ります。●価格には配送費、施工費は含まれておりません。別途申し受けます。グリーン購入法基準適合製品掲載170新製品リーガス03オフィスデスクリーガス

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。