間仕切・建材製品 総合カタログ vol.1 27-28(28-29)

概要

  1. 働き方に合わせた空間づくり
  2. 働き方改革における間仕切・建材製品の役割
  1. 27
  2. 28

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
ArchitecturalProductsINTROABW(ActivityBasedWorking)最適な場所で働く。間仕切・建材製品の役割働き方に合わせた空間づくり速さや正確さが求められる業務や作業、誰にも邪魔されずにじっくりと考えることに専念・集中したい時の空間が必要です。しっかりと遮音された空間で、個人でもチームでも集中した執務が行えます。メンバーが気軽に集まり、交流できる場所。時間や場所の制約がなく、柔軟に働ける、そんなチームの拠点となる場所が必要です。チームでの打ち合わせ、個人での作業など、状況に応じて空間機能を変えて使うことができます。社内外の交流と創造を生み出す場所。セミナーやイベントなど外部コラボレーションの場であり、会議や研修など社内グループワークの場としても。また、社員のタッチダウンオフィスなど、空間を多目的に使うため、「用途に応じて空間を自由に仕切れる」移動間仕切を活用し、空間を有効活用できます。最適な場所で働くための空間づくりを間仕切・建材製品でご提案します。[自分の仕事・状況で働く場所を自由に選ぶ]×[チームが機能するため一体感を高める場所]×[空間の有効活用]Creatingaspacethatsuitsyourworkingstyle集中空間~執務に集中する場~BUSHITSU(部室)~チームが集う場~共創空間~空間を有効活用する場~ONEonONEグループワーク外部交流リフレッシュ情報収集ペアワークブレストセミナー情報収集タッチダウンひらめくクイックミーティングブレスト定例業務リモートワークひらめくグループワーク27
右ページから抽出された内容
集中空間BUSHITSU(部室)共創空間28

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。