オフィス総合カタログ 2022 23-24(24-25)

概要

  1. Work x D(ワーク・バイ・ディ)
  2. ワーク・バイ・ディ
  1. 23
  2. 24

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
オカムラはあらゆる空間・モノ・データがつながる働きやすい空間構築のため、WorkxD対応製品とサービスを順次拡大していきます。WorkxD対応製品に対し、「WxD」マークを付けてご提案いたします。WorkxDだからできること対応製品の展開出社準備HOMEBUILDING8:3010:00・在宅勤務ステータスを更新する・座席を予約する・ロッカーを予約する・会議室を予約する・備品を確保する・ゲストを招待する段取り座席予約システム(ホテリング)所在情報照会ロッカー予約システム混雑状況会議室予約システム受付システム(           )WorkxD紹介サイト分散化するワークプレイスの構築とマネジメントを支援するデジタルトランスフォーメーションサービス「Work​x​D(ワーク・バイ・ディ)」は、これまで以上に便利な「働き方のデジタル化」を実現する、「はたらく」のデジタルトランスフォーメーションサービスです。あらゆる空間・モノ・データをデジタル化によってコネクトします。23一人ひとりのワーカーは、分散化で選択肢の広がるワークプレイスを、システムを通じてより自由でスムーズに利用できるようになります。働く場づくりの知見と実績のあるオカムラが、ニューノーマルなワークプレイスの構築をシステムと一緒に提案します。サブスクリプション型サービスで、お客様のワークプレイスのニーズに合わせて、常に最新のプラットフォームを提供します。SatelliteOfficeCenterOfficeHomeMobileWorkAroundPlace
右ページから抽出された内容
BeforeAfterOFFICE13:00・顔認証/入館証で通行する・座席にチェックインする・ロッカー・会議室を利用する・所在情報・混雑情報→アプリやサイネージで表示・利用ログ・施設稼働状況→ダッシュボードで分析出社/来館可視化ツール(ダッシュボード)混雑しているエリア、あまり利用されていないエリアなどを可視化することで、オフィスの改善提案につなげるファシリティマネジメント・コンサルティングへの活用顔認証入退室管理システム24オカムラが提案するデジタルトランスフォーメーションサービスひとりのワーカー、ひとつのID、ひとつのアプリでセンターオフィスや他拠点、アラウンドプレイス、自宅をデジタルにコネクト。包括的にシステムを構築し、ワーカーにはこれまでよりも優れた働き方の体験を、施設管理者にはこれまでよりも優れたファシリティマネジメントシステムの体験を提供する新しいサービスです。働く環境を取り巻くあれこれを一気通貫で整備現状のオフィスには、入退室管理・セキュリティ収納・会議室予約システム等のオフィス向けの各種ICTサービスが数多く存在しています。ワーカーには各サービス毎のログイン操作やパスワードの使い分けなどが発生するとともに、管理者には各サービス毎のセキュリティ管理やデータ連携等が煩雑なことが課題です。Point①Work​x​Dの導入により、一つのアプリで複数のサービスがコネクトするため、オフィス向けICTサービスを一気通貫で整備し利用することができます。②アプリだけで始められる座席予約システム(ホテリング)や、サムターン後付けの電池式スマートロックによる施解錠制御で、スピーディーにスモールスタートすることも可能です。③導入範囲はテナントに留まらずビル側のシステムにも連携します。

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。