オフィス総合カタログ 2022 729-730(730-731)

概要

  1. DX ・ICTソリューション
  2. Work x D(ワーク・バイ・ディ)座席予約システム(ホテリング)/所在情報照会
  3. DX ・ICTソリューション
  4. Work x D(ワーク・バイ・ディ)ロッカー予約システム/会議室予約システム/受付システム
  1. 729
  2. 730

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
「誰が」「いつ」「どこで」利用したのか、履歴をとることが出来ます。データを使い、利用率を分析することが可能です。感染防止対策の一つとして、フロア内おおよその混雑状況把握やフロア内の座席利用制限をすることが可能です。「WorkxD(ワーク・バイ・ディ)」は、これまで以上に便利な「働き方のデジタル化」を実現する、「はたらく」のデジタルトランスフォーメーションサービスです。あらゆる空間・モノ・データをデジタル化によってコネクトします。オフィス内での“安心・安全”、“便利”な働き方をサポートします。オカムラが提案するデジタルトランスフォーメーションサービス座席予約システム(ホテリング)●アプリで座席予約●チェックインして座席を利用 (座席のQRコードを読取)●退社の際はアプリ上で チェックアウトする。●ホテリングの座席も会議室も フロアマップ(管理画面)で 直感的に登録可能です。チェックイン方法にはQRコードの他に、Beaconを利用した方法もございます。一人ひとりのワーカーは、分散化で選択肢の広がるワークプレイスを、システムを通じてより自由でスムーズに利用できるようになります。働く場づくりの知見と実績のあるオカムラが、ニューノーマルなワークプレイスの構築をシステムと一緒に提案します。サブスクリプション型サービスで、お客様のワークプレイスのニーズに合わせて、常に最新のプラットフォームを提供します。WorkxDだからできること (ほぼ全ての機能をworkhubアプリ(スマホ)で利用することができます。)ホテリングのチェックイン結果により位置情報を取得します。フロアマップ等で誰がどこにいるかを可視化し、チームメンバーの状況がわかります。アプリでは従業員名、メールアドレスから従業員を検索することもできます。又、同一部門のメンバーのログイン情報を表示することもできます。在席状況を可視化し、今後のレイアウト変更やより活性化できる空間づくりに活かせます。誰がどこで働いているか、どの席が予約、利用されているか、などを可視化することができます。所在情報照会●ホーム画面での チェックイン状況照会 (アプリ)アプリ上でログインユーザーと、「部門」「事業所」の両方が一致するアカウントについて、「ビル」ごとに「チェックイン状況」を表示することもできます。●フロアマップ上の位置情報照会(WEB)●フロアマップ上の 位置情報照会 (アプリ)poweredby19DX・ICTソリューションワークサポート※50音・英数字順受付システム会議室予約システム顔認証可視化ツール(ダッシュボード)座席予約システム(ホテリング)所在情報照会入退室管理システムロッカー予約システム730730731732729729731730729
右ページから抽出された内容
アプリから空きロッカーの予約ができます。備品などを予約制にして誰が利用したか管理することができます。部屋前端末で利用状況を確認できます。「今すぐ入室」によりその場で会議室を確保したり、利用時間を延長したりすることが可能です。ロッカーを予約して利用、管理できます。会議室を予約して利用し、会議室管理の適正化を図れます。受付を省人化できます。ロッカー予約システム会議室予約システム受付システム●会議室を予約制にするとともに、 その利用状況を確認できます。●カラ予約の抑止になります。●グループウェア (Microsoft365,GoogleWorkspace) とも連携できます。予約無し利用中入室待ち●個人ロッカーを廃止し、ロッカー数の適正化を図れます。●座席予約と同様にロッカーの予約ができます。●備品などを予約制にして誰が利用したか管理できます。※対応ロッカーは 順次拡大予定です。対応ロッカーモバイルロッカー等に取り付けて、スマートロックを利用することができます。アプリで予約、アプリでオープンスマートロッカー錠対応ロッカー、Pixlineの詳細は、661頁に掲載しております。アプリから、空きロッカーや備品貸し出しの予約を行うことができます。すぐに使える近くの空きロッカーを検索して探すことも可能です。・空室時点では、タブレットから 即時会議室予約が可能・わざわざカレンダーを開く必要すら ございません・予約の延長もワンタップ・退室ボタンを押下して利用実績のログを取得・会議室の利用状況を可視化して、設備の改善活動へMicrosoft365は、米国MicrosoftCorporationの、米国およびその他の国における登録商標または商標です。GoogleWorkspaceはGoogleLLCの商標です。・入室ボタンで実績取得・入室時間を過ぎてもチェックインが無い 場合には自動で予約をキャンセル退室予約入室QRコードやタブレットを利用した受付の省人化を実現することにより、受付業務を簡略化し負担を減らすことができます。予定表ツールへのアドインで、会議招集にあわせて入館用のQRコードを発行できます。ゲストはQRコードでのチェックインやアポイント検索によりQRコード無しでのチェックインも可能です。チェックイン方法はカスタマイズ可能です。QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です●打ち合わせ予定に来客予定を登録すると、 お客様宛へQRコード付きのメールが送付されます。●お客様はQRコードをお持ちいただくと、自動的に入室することができます。●来客のお知らせをメールや、チャットツールに連動可能です。730ワーク・バイ・ディ19DX・ICTソリューションワーク・バイ・ディ

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。