オカムラ ヘルスケア[医療・福祉施設] 総合カタログ2022-2023 199-200(200-201)

概要

  1. 病棟部門
  2. スタッフステーション
  1. 199
  2. 200

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
ユニットを組み合わせることで、スタッフステーションのカウンターをトータルコーディネートできます。レイアウト変更の際にはフレキシブルに組換えや増設が可能です。ICT機器の対応のPOINTの性簡易的な受付として単体で使用することもできます。執務スペースとして複数のICT機器の設置に対応しています。使い方に合わせて天板の有無・高さ・奥行きとパネルの高さの組み合せを選べます。パネルで囲ったシンプルな外観で、場所を選ばず設置できます。パネルのタイプをユニットごとに選んで組み合わせることで、機能的に使用できます。パネル、天板、配線機能からなるユニットを連結して構成するシステム什器のため、組換えや部材の転用、増設が可能です。将来的なスタッフステーションの空間や用途の見直しに伴うレイアウト変更に、柔軟に対応できます。また、オプションの追加によってICT機器の更新・増設にも効率的に対応できます。[最初のレイアウト][オプションの交換後][ユニットの増設・組換え後]モニターやCPUの増設に合わせて、ポール、ワゴンを設置。ユニット2連で構成し、オプションでファンクションビームを使用。空間や用途の変化に合わせて作業スペースを拡張。天井から配線を引き込むため、片側を天井配線用支柱付エンドパネルに交換。※エンドパネルは転用199室病室ー室室ーシ病棟部門スタスーンンター[デ]
右ページから抽出された内容
POINTICT機器への対応機能性大容量の配線ダクトが2段ついていて、縦送り・横送りが可能です。用途やメンテナンス頻度によって上段・下段に分けて配線することができます。ブラインドパネルは床からのスペースを確保しているため清掃がしやすく、アップコンセントも干渉せずに使用できます。着脱は工具なしで行えます。オプションのファンクションビームにアームを用いてモニターを設置することで、机上面を有効活用できます。また、災害時のモニターの転倒を防ぎます。配線ダクトの上段はメンテナンスがしやすいオープンな構造です。下段はブラインドパネルを用いて重要な配線類を覆い隠すことができます。壁や柱に寄せたレイアウトの時、コンセントと接触しないように開口を設けたエンド脚を品揃えしています。CPUやキーボードを収納できるオプションも品揃えしています。※オプションにつきましては、208ページを ご参照ください。外天板タイプのパネルとクランプ式のポールを組み合わせることで、カウンターの外側からもモニターを用いた作業が可能になります。天井からの配線を、エンドパネルに設置した配線用支柱を通して天板下の配線ダクトに引き込むことができます。外側のカバーを外してメンテナンスが可能。通路幅を狭めないよう奥行きを抑えています。外天板タイプ(パネル1200H)カバーは安全に配慮し丸みをつけています。清掃性に配慮した床から浮いたデザインです。天板上の任意の位置にクランプ式のポールを用いてモニターを設置できます。開閉式の配線カバーで、コード類を配線ダクトに簡単に落としこめます。パネルはスチール製なので、お好みの位置でマグネットを使用できます。外側のパネルは、ナースカート等の脚端が接触した際にも傷が目立ちにくいステンレス巾木仕様も選べます。パネルのコーナー部分は、安全に配慮しやわらかな印象を与える丸いデザインです。※配線イメージ200ーシ用ーリ ■室病室ー室室ーシ病棟部門

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。