エデュケーション[教育施設]総合カタログ2022-2023 277-278(278-279)

概要

  1. WEB限定ページ・ラーニングコモンズ
  2. メディア ボックス
  3. WEB限定ページ・ラーニングコモンズ
  4. メディアラウンジ
  1. 277
  2. 278

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
W33グリーン購入法の判断基準に適合している商品の品番を緑色で表示しています。ラーニングコモンズ高等教育施設ラーニングコモンズ自動書籍貸出返却機で、どこでもだれでも利用できる無人図書館をご提供します。収納冊数:100冊対応サイズ:A4対応(高さ45mm)機器サイズ:1885W×940D×1940H荷重:415kg(収納物は含まない)電源:100V本人認証:ICカード(Felica、MIFARE)書籍認証:ICタグ(UHF帯)移動:キャスター付(2~3名で移動可能です)設置:アジャスター固定、アジャスター+ワイヤー固定、床固定、OAフロア用架台+床固定MediaBoxはそれぞれの空間での活動活性化につながる「きっかけ」づくりに貢献します。図書館の分館、専門図書館のように様々なスペースで書籍にふれてもらう機会をつくるツールとして◎設置場所のニーズにあったジャンルや書籍を限定して収納◎図書館の開館時間以外の時間にも書籍を受け取れる◎返却を図書館以外の身近な場所で行える◎予約本を利用者の身近な場所で受け取れる◎書籍以外に備品の貸し出しも可能オープンスペースや学年共有スペースに設置し、書籍を身近なものに◎自分が読んだ本がどれくらいかわかる◎貸出頻度の高いランキング上位本がわかる◎一番読んでいる子がわかる◎公共図書館の出張図書室にとてもかんたんな操作手順高等教育施設で初等中等教育施設で図書館の書籍と出会う「きっかけ」情報収集の「きっかけ」こどもたちの読書の「きっかけ」会話・コミュニケーションの「きっかけ」「きっかけ」づくりICカード(FelicaやMIFARE)をかざして本人認証を行います。画面から書籍を選択します。表紙や題名一覧から検索したり、ジャンル別に検索が可能です。書籍が取出し口から出てきたら受け取ることで、貸出処理は完了です。画面に返却期限が表示されます。返却時は、ICカードをかざして本人認証後、空のボックスに書籍を返却します。ICタグを認識し、借りた書籍と照合されれば返却完了です。書籍の出し入れ時は、画面がスライドアップし、書籍は天板面に。貸出返却をすべて1ヶ所で行えます。画面開閉時にはセンサーにより、異物を感知すると画面が戻るなど、安全性に配慮しています。Step1.個人認証Step2.画面で書籍を選択Step3.取出し口Step4.返却※床の耐荷重を確認して設置方法を検討してください。※設置方法は設置場所、用途によって選択可能です。MediaBox紹介動画がご覧いただけます。自動書籍貸出返却機[メディアボックス]
右ページから抽出された内容
W33グリーン購入法の判断基準に適合している商品の品番を緑色で表示しています。ラーニングコモンズ高等教育施設ラーニングコモンズ自動書籍貸出返却機で、どこでもだれでも利用できる無人図書館をご提供します。収納冊数:100冊対応サイズ:A4対応(高さ45mm)機器サイズ:1885W×940D×1940H荷重:415kg(収納物は含まない)電源:100V本人認証:ICカード(Felica、MIFARE)書籍認証:ICタグ(UHF帯)移動:キャスター付(2~3名で移動可能です)設置:アジャスター固定、アジャスター+ワイヤー固定、床固定、OAフロア用架台+床固定MediaBoxはそれぞれの空間での活動活性化につながる「きっかけ」づくりに貢献します。図書館の分館、専門図書館のように様々なスペースで書籍にふれてもらう機会をつくるツールとして◎設置場所のニーズにあったジャンルや書籍を限定して収納◎図書館の開館時間以外の時間にも書籍を受け取れる◎返却を図書館以外の身近な場所で行える◎予約本を利用者の身近な場所で受け取れる◎書籍以外に備品の貸し出しも可能オープンスペースや学年共有スペースに設置し、書籍を身近なものに◎自分が読んだ本がどれくらいかわかる◎貸出頻度の高いランキング上位本がわかる◎一番読んでいる子がわかる◎公共図書館の出張図書室にとてもかんたんな操作手順高等教育施設で初等中等教育施設で図書館の書籍と出会う「きっかけ」情報収集の「きっかけ」こどもたちの読書の「きっかけ」会話・コミュニケーションの「きっかけ」「きっかけ」づくりICカード(FelicaやMIFARE)をかざして本人認証を行います。画面から書籍を選択します。表紙や題名一覧から検索したり、ジャンル別に検索が可能です。書籍が取出し口から出てきたら受け取ることで、貸出処理は完了です。画面に返却期限が表示されます。返却時は、ICカードをかざして本人認証後、空のボックスに書籍を返却します。ICタグを認識し、借りた書籍と照合されれば返却完了です。書籍の出し入れ時は、画面がスライドアップし、書籍は天板面に。貸出返却をすべて1ヶ所で行えます。画面開閉時にはセンサーにより、異物を感知すると画面が戻るなど、安全性に配慮しています。Step1.個人認証Step2.画面で書籍を選択Step3.取出し口Step4.返却※床の耐荷重を確認して設置方法を検討してください。※設置方法は設置場所、用途によって選択可能です。MediaBox紹介動画がご覧いただけます。自動書籍貸出返却機[メディアボックス]転載不可転載不可

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。