ロビー・ラウンジ 2022-2023 W1-W2(38-39)

概要

  1. WEB限定巻頭
  1. W1
  2. W2

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
001
右ページから抽出された内容
002多様なイメージを実現するこれからのロビーラウンジ外部と接する公共スペースであると同時に、コミュニケーションの場としても機能するロビーラウンジ空間。さまざまな人々が行き交うオープンな空間は、いまその目的に合わせた空間演出が重要なキーワードとなっています。素材力に注目した豊富な製品バリエーションがうオカムラでは、製品から空間まで、トータルでコーディネートすることが可能です。これからの時代とニーズにフィットしたロビーラウンジのあり方をご提案いたします。「Color・色」「Material・素材」「Finish・仕上げ」という3つのアプローチで素材開発を行っています。CMFP.003空間イメージやお好みに合わせて、豊富な仕様バリエーションよりお選びいただけます。素材セレクトP.003∼P.004素材セレクトにベーシックなクロス、ビニールレザーを加えることで、さまざまな空間に合わせた張地をお選びいただけます。+LobbyP.005∼P.006

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。