間仕切・建材製品 総合カタログ vol.2 31-32(32-33)

概要

  1. 環境への取り組み
  2. 間仕切・建材製品のSDGs
  1. 31
  2. 32

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
ArchitecturalProductsINTRO環境に配慮した信頼性・安全性の高い製品をお届け環境への取り組みEnvironmentalInitiatives地球環境への取り組み、配慮を徹底することで持続可能な社会づくりに貢献。開発、製造はもとより、長期使用、回収にいたるあらゆる段階で、企業活動をチェックしながら、環境配慮・保全の様々な取り組み、活動を実践しています。●エコ素材の選定・使用●環境負荷の少ない生産・  施工方法の検討●リサイクル●リユース●リデュース●ロングライフ配慮設計●廃棄物の発生抑制●環境負荷の少ない塗装●再資源化●輸送効率の向上●配送資材や保護材の リユース、削減STEP1開発STEP2設計STEP3製造STEP4物流開発・設計製造31
右ページから抽出された内容
●端材発生の抑制●施工時間短縮による 環境負荷低減●メンテナンス●ロングライフ化●解組時の廃材発生抑制●メンテナンスによる 長寿命化●回収後の分別化STEP5施工STEP6使用STEP7回収オカムラグループは、すべての事業活動で経営資源(人・設備・材料・技術)を活用して環境負荷低減活動を実践します。さらに、その成果をステークホルダーの皆様に提供することで「持続可能な社会の構築」に貢献します。「地球環境の保全」と「循環型社会」の実現は企業が担う責任です。オカムラが推進するGREENWAVEの名称は、「GREEN(環境配慮)のWAVE(波)を自ら起こし、その波に乗る」という、オカムラの環境問題への積極的な取り組み姿勢をあらわしています。当社独自のグリーンウェーブ製品を選定して、環境配慮マークを適応製品に表示しています。IndoorAdvantage認証「IndoorAdvantage認証」は、米国オフィス家具業界団体BIFMAが設けた家具のサステナビリティ基準ANSI/BIFMAe3で、製品から空気中に放出される揮発性有機化合物(VOC)に対しての厳しい基準をクリアした家具や室内建材に与えられる環境認証です。今回、建材製品9製品が、「IndoorAdvantage認証」を建材製品として国内メーカーで初めて取得しました。認証製品は健全な室内環境の実現をサポートします。認証製品を選定することにより、環境に配慮し健全なオフィス環境の実現が可能です。WELL認証※1、LEED認証※2の取得へ貢献できます。※1空間のデザイン・構築・運用に「人間の健康」という視点を加え、より良い住環境の創造をめざしたオフィス空間等の評価システム※2最高クラスのビルト・エンバイロメント(建築や都市の環境)を作るための戦略やそれらをどう実現させるかを評価するグリーンビルディングの認証プログラム施工使用(メンテナンス・長寿命化)32

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。