オフィス総合カタログ 2023 31-32(32-33)

概要

  1. オカムラの新たな働き方提案 WORK STYLES 202X
  1. 31
  2. 32

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
HomeCoworkingspaceAirplaneStationCafeShared固定席私たちにとって「ちょうどいい」オフィスって何だろう。いつでもどこでも働けるという考え方は、確実に浸透してきています。しかし、まだまだ充分に機能しているとは言いきれないのではないでしょうか。その実現のために必要なこと、それは働くための環境づくり。時間や場所にとらわれない柔軟な働き方を実現するための多様性に富んだ空間づくりが必要だと私たちオカムラは考えます。あなたの働き方はどんなスタイルですか?さまざまなワークスタイル自分の席で働く一人ひとりが決められた席で仕事をするスタイルのこと。在席率の高い職種に向いているオフィスの作り方です。STYLESオフィスの中で自由な席で働くワーカーの固定席を作らずにオフィス内の自由な席で仕事を行えるスタイルのこと。席を固定しないことにより、オフィスの面積を抑えコスト削減、コミュニケーションの活性化やペーパーレス化が期待できます。フリーアドレス最適な場所で働くオフィスの中でも外でも仕事の内容や目的に合わせて働く場所を選択するスタイルのこと。オフィス内に限らず、自宅や、カフェ、移動中など、仕事に最適な環境を選ぶことができます。ABW(ActivityBasedWorking)オカムラの新たな働き方提案WORKSTYLES202X紹介サイト31
右ページから抽出された内容
メンバーが集まる場所をつくり、チームの一体感を高めるハイブリッドワークが普及し、より自由で柔軟な働き方ができるようになりました。一方で個人個人が好きな場所で働くことができるようになったことで、チームの状況が把握しにくくなることも。新たな成果を生み出すためには、チーム内の連携が重要です。​オカムラはオフィスの活動の拠点となる「BASE」を「BASE​for​One」と「BASE​for​Team」と再定義しました。「BASE​for​Team」というチームで集まれる場所をつくることで、​メンバーの様子を感じながら働くことができ、よりチームの一体感を高めることができると考えます。メンバーの心が通い合った心響き合うチームになることで真のイノベーションを生むことができるはずです。VISIONBASEforTEAMBASEforONEBASEOFFICE47%39%39%1815仕事に関するコミュニケーションが不足したハイブリッドワークで困ったことは何ですか?(上位5項目)雑談が不足した偶然の出会いが少なくなった仕事相手のアポイントが取りにくくなった出典:2022オカムラ調べチームメンバーや仕事相手の状況がわからなくなったハイブリッドワークをしているワーカーに、ハイブリッドワークで困ったことを調査したところ、仕事に関するコミュニケーション不足、チームメンバーや仕事相手の状態がわからない、といった課題を感じていることがわかりました。チームメンバーとのコミュニケーションが不足しているようです。32

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。