オフィス総合カタログ 2023 717-718(718-719)

概要

  1. DX・ICTソリューション
  2. ワーク・バイ・ディ 所在情報照会/可視化ツール(ダッシュボード)
  3. DX・ICTソリューション
  4. ワーク・バイ・ディ 顔認証検温/混雑状況確認/費用請求
  1. 717
  2. 718

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
ワーカーの今日の働き方と円滑なチームコミュニケーションをサポートする「ワーカー向けダッシュボード」と、ファシリティマネジメントをサポートする「FM・経営者向けダッシュボード」を提供します。「データの見える化」で働き方もファシリティマネジメントも最適化。可視化ツール(ダッシュボード)誰がどこで働いているか、どの席が予約/利用されているか、などを可視化。座席予約の「チェックイン情報」と、ビーコンを用いた「現在地情報」により、メンバーの所在をアプリで簡単に確認できます。所在情報照会●フロアマップは、座席予約の「チェックイン情報」と、ビーコン(オプション)による「現在地情報」の切替え表示が可能●ワーカー向けダッシュボード●FM・経営者向けダッシュボードアプリのホーム画面に、今日のワーカー自身の予約情報と、今日のチームメンバーのチェックイン状況を一覧表示します。今日の予約情報(座席/ロッカー/会議室)今日のチームメンバーの出社状況デジタルにつながることで蓄積されたデータが、利用状況を可視化。蓄積されたデータの活用により、ニューノーマルなオフィスの可能性を探る企画・戦略立案から、具体的な計画づくり、オフィス構築とマネジメントの実施をトータルでサポートします。座席予約システム(ホテリング)71719DX・ICTソリューションワーク・バイ・ディワーク・バイ・ディ
右ページから抽出された内容
iPadを使った顔認証で、ドアの解錠や会議室の予約操作をスムーズに。顔認証座席やワークブースの利用実績に応じて、費用をクレジットカード決済するなど、アラウンドプレイス(コワーキングスペースやシェアオフィス)の空間のみならず、システムの構築までトータルでサポートします。予約、受付、セキュリティから決済までを一元化したシステムを提供します。※開発中の機能を含みます(2022年11月時点)オフィスの執務スペースや会議室内の天井にカメラを設置し、カメラの画像認識による人数検出が可能です。密対策として、施設内の混雑状況を可視化し、より安心なワークプレイスの構築をサポートします。オフィスに出社する前に、混雑状況の把握ができます。アラウンドプレイスの運営も、システムでサポート。混雑状況費用請求●さまざまなシーンでの活用が可能●アプリで顔登録が可能●ネットワーク経由による複数拠点の一括管理会議室予約システム今すぐ予約するためのスムーズな認証方法として受付システム頻度高い来訪者は顔登録入退室管理システム認証方法のひとつとしてなりすましリスクが極めて低い安全性と、持ち物なく非接触認証できる利便性を兼ね備えた認証方法により、オフィスでのドアの解錠や会議室の予約操作などさまざまなシーンでの活用が可能です。複数拠点に設置されたiPad端末に対し、登録顔情報及び入退室権限をネットワーク経由で一斉配信することが可能です。※iPadは、米国およびその他の国で登録されたAppleInc.の商標です。※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。718ワーク・バイ・ディ19DX・ICTソリューションワーク・バイ・ディ

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。