ライブラリー[図書館]総合カタログVol.01 157-158(158-159)

概要

  1. 閉架スペース
  2. 閉架スペース
  3. 納入事例
  1. 157
  2. 158

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
増え続ける蔵書を収蔵するテクノロジー閉架スペースは、貴重本を収蔵する機能と、開架スペースで利用頻度が少なくなった書籍を収蔵する機能があります。図書館には増え続ける蔵書を効率よく収蔵する役割があり、閉架スペースはそれに応える空間です。閉架スペース157製品名自動倉庫モービルラックシリーズ固定書架メディアランナーメディアセイバーBCPセイバーモービルラックナレッジライブ特長歩き回ることなく、定点で書籍を受け取り高さ方向にも効率よく書籍を保管固定書架の約2倍の収納量収束することで防犯対策様々なレイアウトが可能複数の人が同時に作業できるだれでも簡単、安全、新感覚の操作スイッチを採用バッテリー駆動、ケーブルレス、パワーサプライ機能を装備運用に合わせて操作方法を選べるベーシックな移動棚操作方法−電動式電動式/クランク式/手動式−掲載ページP.159P.163P.164P.165P.176
右ページから抽出された内容
練馬区立平和台図書館所在地:開館年:東京都練馬区2016年越谷市立図書館南部図書室所在地:開館年:埼玉県越谷市2014年吉野川市立鴨島図書館所在地:開館年:徳島県吉野川市2020年158閉架スペース開架コンセプトICTラウンジリフレッシュエントランスカウンター収蔵屋外事務・管理閲覧多目的・学習児童閉架

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。